人の気持ちが分かり過ぎるHSP・エンパスが楽になる方法

気力

関西氣塾・廣瀬教室の廣瀬です。

人の気持ちが分からない悩みもあれば、逆に、分かり過ぎる悩みもあります。

読心術が使えるとかうらやましいと思わがちですが、人知れない苦労があります。

このような人は、分かりたくない事まで知ってしまうので辛い思いをしています。他の感覚についても過敏な事が多いので、心が休まる暇もないような状態です。

HSP,エンパスとも言われるこの症状は、元々の気質なのでどうにもならないと思われがちです。

ですが、この問題は、気力を強くするだけで解決出来ます。分る事はそのままでも、それによって疲れたり、辛くなる事がなくなります。

今回の記事では、HSPやエンパスの人が楽なまま、感度を失わずに生活していく為の気力の強化について書いていきます。

気力を強化するとHSP・エンパスが楽になる理由

気力とは、氣(生命エネルギー)の量の事です。体を巡る氣の量が多い程、気力は強くなります。

 

1.受け取りに消費する多量の氣を補える

HSPやエンパスと言われる人の感受性の高さは、6番チャクラによるものの場合が多いです。

チャクラは、上位であるほどに多くの気力を消費します。なので、上から2番目に位置する6番チャクラの場合、気力の消費量は相当なものになります。

元気に過ごしたり、精神力を支えたりする、2.3番チャクラの分の気力も、全て持っていってしまいます。

気力が強化されれば、本来必要な場所にも氣のエネルギーが補充されるので辛くなくなってきます。

2.氣は強い所から弱い所に流れる為、氣が流れ込むのを防げる

氣は強い所から弱い所に流れる性質があります。

そして、6番に持っていかれてしまっているHSPやエンパスの人は、他の人よりも気力が弱い状態です。只でさえ感受性が強いのに、他の人の氣がこちらに流れ込んできているという事です。

気力を強くすれば、周囲から流れ込んでくる氣はぐっと減ります。

3.気力が強いと器量が大きくなる

氣が乗る器は、氣の量が多いほどに大きくなります。

器量、人としての器が大きくなれば、小さな事が気にならなくなってきます。

感受性が強いあまりに色んな事に気が付いたり感じたりするのは変わりありません。ですが、その事が気にならなくなってきます。許容できる事も増えるので、嫌だと思う物事も減ってきます。

 

4.しっかりとグラウンディング出来る

グラウンディングとは、氣を下部に留める事です。

HSPの人は、このように氣が頭部に溜まっています。これでは頭がぼーっとしてフラフラします。片頭痛に悩まされるかもしれません。


 

氣が下部に留まった、グラウンディング出来ている状態です。氣の量が多いほど、しっかり下部に留まり安定します。こうなると、心身ともに安定して楽になります。

 

 

気力を強化する方法

まず、気力の回復を心掛ける

HSPの人は、6番チャクラによってどんどん気力を消費しています。

なので、出来うる限り回復させる事を心掛けてください。

  • 栄養のある美味しいものを食べる
  • しっかりと睡眠をとる
  • リラックスした時間を作る
  • 体をよくほぐす

等、疲れを溜めない生活を心掛けてください。これが気力の回復方法です。

気力の生産

HSPの人は、気力を生産出来るようにならないと、消費する量には足りません。供給して一時的に回復しても、その氣を再び6番チャクラが持っていってしまいます。

楽になる為には、6番チャクラに持っていかれても足りるくらい生産するしか、方法はありません。

氣は、2番チャクラで起こします。

第二チャクラ(丹田)を強化する本当の意味は?
関西氣塾・廣瀬教室の廣瀬です。 チャクラには、それぞれの役割があります。 それと同時に、1番から7番までの、合計7つのチャクラには繫がりがあり、下部から開発していくと共に、人生が開けてくるという大きな意味があります。 氣塾...

2番チャクラが稼働すれば、氣が体内を巡りはじめます。

氣塾での気力の強化がHSPに効果的な理由

1.氣の循環を確保できる

氣の通り道である気脈の詰まりを取り、頭頂部の7番チャクラの蓋を開けて、上のイラストのような氣の循環を確保します。これが、氣塾での気力強化で、最初に行う施術です。

これで、氣が頭部に溜まらなくなり、圧迫感が減って楽になります。又、疲れや辛さも氣の循環と共に外に流せます。

体の外側を周る氣は、バリアのような役割を果たします。外部からの氣が直接入って来なくなり、人ごみでも苦しくなくなってきます。

2.チャクラの開発を行う

2番、3番チャクラが使えるようになると、心身共に強さを与えてくれます。

又、チャクラの開発と共に気力もどんどん強くなってきます。

4番チャクラまで開発が進めば、日常生活を過ごす上で充分過ぎるくらいの気力が手に入ります。

6.7番チャクラまで開発を進めれば、HSP,エンパスの人の感受性が、特技として活かせるほどに強く、安定したものになります。

感受性はより強くなるのに、心も体もどんどん楽になってきます。

 

3.気力の強化

HSPの人は、常に深刻な気力不足状態です。なんとか日常生活を続けている人でさえ、レッドゾーンギリギリの状態にあります。

ここまで疲れたり辛かったりするのは仕方がないと思う程、危うい状態です。

 

氣塾での気力強化は、2・3回のレッスンで効果を発揮し、HSPの人も深刻な状態から脱していただけます。

4.必要な時に自力で気力を補充できる

レッスンの時にお伝えする呼吸法をやるだけで、気力が補充出来ます。

呼吸法と共に、チャクラを回して使うと、その時に必要な効果が得られます。辛い事があった時に4番チャクラを回せば、ストレスが直接外に流せます。

HSPではないのに分かり過ぎて辛い場合

 

氣塾では、パワー派と感覚派という氣の使い方による分類をしています。

簡単に書くと

パワー派は自分の中の気力を「パワー」として使う傾向が強い人で、行動力があります。
感覚派は気力を主に「感覚」で使う人の事で、感受性が強いという特徴があります。

感覚派でありながら、しっかりとしたパワーがある人もいます。同様に、パワー派でありながら、強い感覚を持つ人もいます。

この、感覚が強いパワー派の人も、分かり過ぎて辛いという状態になる事があります。

この場合は、溜まったものを流せない事が苦しさの原因です。

HSPの人は、疲れて元気が出なくなる症状で辛いのですが、感覚のあるパワー派の場合は、ストレスが溜まって辛くなります。そのストレスが心を蝕んで「毒気にやられる」ような状態になり、ぐったりします。

なので、疲れているからと家にこもっていると、余計に状態は悪くなります。スポーツ等で、発散するようにすると楽になる場合が多いです。

氣塾の施術で氣の循環を確保出来ると、かなり楽になります。

まとめ

関西氣塾では、

「人生が辛い」
「生きて行くのが苦痛」
「心が憂鬱で何も出来ない」
「動く気にさえなれない」

といった悩みを抱えている人が、

「普通に楽しく生活出来る」

ぐらいまで、気力が強くなりたいというご相談もお受けしています。

本格的な「行」よりも少ないレッスンや施術で、そのような状態になっていただけますので
金銭的にもお手頃になります。

是非、お気軽にお問い合せください。

 

気力がない・仕事や生活のやる気が出ない方へのプログラム
関西氣塾・廣瀬教室の廣瀬です。 関西氣塾では、特に気力不足で悩まれている方へ向けてのレッスンを正式なメニューにいたしました。 メニュー名は 「気力強化の基礎プログラム」 です。 今回の記事は、このメニューについ...

コメント