気力を「お金」に例えると大切さが解りやすくなります

氣力
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

当塾では、氣力の強化と共にチャクラの開発を行っています。

氣力が強くならないとチャクラは正常に動きませんし、チャクラを開発すればするほど、氣力もどんどん強化されていくので、この2つは切っても切れない関係にあります。

氣力の強化は、生命エネルギーである「氣」を第2チャクラで起こせるようになってから始まります。

氣を多く発生させられると氣力も強くなります。氣力=扱える氣の量です。

「気力」について解説!元気・やる気だけじゃないその効果とは?
今回は当塾で、元氣で楽な人生を送っていただくために必要な「氣力」について書いていきます。 氣力とは? 氣力は氣の量 weblio辞書で「氣力」と調べると、 「困難や障害に負けずに物事をやり通す強い精神力。氣持ちの張り。氣合」と出...

 

お金は日常生活で欠かせないもので、それがないと生死に関わる事さえあります。

生命エネルギーである氣(氣力)も、生きていく上で欠かせないものです。

氣力があまりない状態から強化されていく様子を、お金が足りない状態からの変化に例えながら書いていきたいと思います。

チャクラの開発と氣力をお金のあるなしで例えると…

氣力がない事を悩まれて、当塾のレッスンを希望される方が多くいらっしゃいます。

「最低限やるべき事さえ満足に出来ない」と、ご自分を悲観視さえされています。氣を起こす第2チャクラがまともに稼働していないとそれぐらい辛い状態になってしまいます。

そのような方でも、第4チャクラの開発を終える頃には、元氣に満ち溢れて色んな事にチャレンジ出来るようになっていきます。

 

第2チャクラ

開発前

最低限の氣力さえ起こせない状態の人もいらっしゃいます。

この氣力の状態を経済力に例えると、普通の生活を送る事はまず無理です。公共料金さえも払えなく、電氣やガス、水道までも時折止められてしまうような状況だと言ってもよいくらいでしょう。

氣力は全ての力の源なので、現実での収入にも関わります。これくらいの氣力だと、良くて「仕事をするだけで精一杯」です。休みがちだったり、フルタイムで働くのが、精神的にも体力的にも無理な場合もめずらしくありません。

開発後

第2チャクラ(丹田)を強化する本当の意味は?
チャクラには、それぞれの役割があります。 それと同時に、第1から第7までの、合計7つのチャクラには繫がりがあり、下部から開発していくと共に、人生が開けてくるという大きな意味があります。 当塾では、チャクラの繋がりと流れ、それによ...

まず、普通の生活が出来ます。

お金に例えた場合、公共料金が払えるのは勿論、食べ物も激安品だけを買わなくても良くなってきます。「滞納のない生活ってこんなに氣楽だったんだ!」という事に幸せを感じ、前向きになってきます。

実際のお仕事でも、職場の中で「元氣がある人」の部類になってきます。そうなると、周囲は自分を大切にしてくれ始め、精神的な辛さが減ってきます。

仕事を終えても氣力に余裕があるので、凝った料理を作ったり、家の掃除も出来るようになります。家でも外でも氣持ちよく過ごせるようになってくる、良い循環の始まりです。

第3チャクラ

開発前

第2チャクラの開発を終えたこの時点での氣力の強さを収入に例えると、普通の生活が出来てきたぐらいの状態です。

ですが今まで最低限にも足りない程度の収入(氣力の生産量)しかなかったので、快適に暮らせる物が揃っていません。生活を整えたり、楽しみを見つけて生活に潤いがほしい所です。

開発後

感情の管理は第3チャクラを開発すると習得出来る
チャクラを下部から順に開発していくと、最後の第7チャクラを終えた頃には、自分らしい人生を歩んでいく力が得られます。 第1チャクラで、生命エネルギーの元である精を収集しました。 次に、第2チャクラによって集めた精を、氣に変...

ただ生きる以外の楽しみを見つけられるようになりました。映画やコンサート、ちょっとした旅行などへの出費も問題なく出来るようになってきました。

暮らし自体も、楽でスムーズな物になってきます。

実際の生活では、感情に振り回されにくくなり、対人関係が楽になってきます。
「性格のチャクラ」とも言われている第3チャクラは、どの場面でどのような自分を出したら良いのかを習得させてくれる場所でもあります。

ただ寝て休んでいただけの休日も、趣味や用事で出かけられるようにもなってきます。

また、得意分野がある人はこの段階で才能が突出しはじめます。

第4チャクラ

開発前

第3チャクラまでの段階で、生活や仕事が成り立ち、趣味を楽しめたり、不自由なく生きていけるだけの収入(氣力の生産量)が得られるようになりました。

そうなると、人生の目標だったり、長期的に取り組む事、生き甲斐を求める氣持ちが出始めてきます。

開発後

第4チャクラ(ハートチャクラ)の役割をあえて夢のない感じで紹介します
今回の記事では、第6、第7チャクラに続いて注目度の高い第4チャクラについて書いていきます。 第1チャクラ 精を収集する 第2チャクラ 氣力を作る 第3チャクラ 氣力の使い方の基本が出来る 第4チャクラ 自分が何を...

第4チャクラは、魂を内包します。自分の想いを知り、向き合い、感じる事が出来る場所です。

第4チャクラで得られる氣力をお金で例えると、不自由ない生活「+α」の収入が得られるようになった状態です。

この「+α」で、やってみたかった勉強をしたり、習い事をしたり、人生をかけてやりたい事をやっていくようになります。

実際の生活でも、仕事や生活+αで、勉強を頑張ったり好きな事を極める努力をしたり出来るようになります。氣力がないとここまでの行動は出来ません。

第5チャクラ以降

第5チャクラ以降も、どんどん氣力の「+α」が増えてきますので、好きな道を究めたり、世の中の役に立つような事が出来たりと、生活が充実して、生きるのが楽しくなってきます。

人はお金に振り回されるように、氣力でもそうなるのか?

残念ながら、「ない」とは言えません。

当塾の氣力強化のスピードは、他に例を見ない程圧倒的なものです。

その効果は、氣力がなく、動けなくて悩んでおられる生徒さんでも、早くて2・3回目のレッスンで、遅くとも1~2ヶ月で、普通に活動出来始める状態になる程のものです。

(何故「活動出来始める状態」なのかというと、体自体は普通に活動出来るのですが、急激な体調の変化に慣れない為に氣持ちと体を馴染ませる期間があるからです)

ですが中には、急激に強くなった氣力にとまどい、違った方向へ進みそうになる人もいます。その場合は、第4チャクラ開発後半の、氣力が有り余ってきたあたりからその兆候は表れます。

エゴがどうしても前に出て、指導者や周囲の忠告を「自分への批判」ととらえ、所知障といわれるような状態になる人が現れてしまう事があるのは事実です。そのような人は、なぜか行を続けられないような状態や環境になっていきます。

「行にはじかれた」と、呼んでいますが、自分が扱える量以上の氣力が持てない様に、天からの加護が働いたという考え方も出来ます。

収入が急に増えて、戸惑ったり振り回されたりするのと同じような状態と言えるかもしれません。

当塾ではカウンセリングを念入りに行っているので、違う方向に行きかけた生徒さんは、氣の不健全さや偏りによってすぐ把握出来ます。ご本人に柔軟な氣持ちさえあれば、問題なく「正しく氣力を扱える」状態に戻っていただけます。

なので、安心して氣力を強化していただきたいと思っています。

まとめ

元氣楽塾では、

「人生が辛い」
「生きて行くのが苦痛」
「心が憂鬱で何も出来ない」
「動く氣にさえなれない」

といった悩みを抱えている人が、

「普通に楽しく生活出来る」

ぐらいまで、氣力が強くなりたいというご相談をお受けしています。

本格的なプログラムよりも少ないレッスンや施術で、そのような状態になっていただけますので
金銭的にもお手頃になります。

是非、お氣軽にお問い合せください。

 

コメント