チャクラを回転させる為の呼吸法

チャクラ
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

チャクラは「回転させて」使うという事をご存知でしょうか?

そして、そう出来るようになるまでには、それ相応の準備が必要になります。

どうすれば、回転させられるようになるのか、また、そののエネルギーをどうやって得るのか?

当塾で基本となっている、チャクラを使えるようになる方法を書いていきます。

チャクラを回転させる為の下準備とは?

当塾では、氣力の強化と共に、チャクラの開発・加工を行っています。

氣力の強化とは、体内を巡る「氣」という生命エネルギーの量を増やし、それを管理(マネジメント)出来るようにしていく事です。

氣を増やすのは体への氣の交流、つまり施術によるもので、
氣のマネジメントは心への氣の交流、カウンセリングによって成し得ます。

氣の量が増えただけでは単に「氣が強く」なるだけで「氣力が強く」ならない場合があります。

レッスンの初期段階では、しっかりと「氣」を発生させて、開発中のチャクラに流し込ませます。それによって、少しずつチャクラが自分の力で回転させらるようになっていきます。

 

その前に、必要な下準備があります。

通常、ほとんどの大人は、チャクラの蓋が閉まっています。チャクラだけではなく、「氣の通り道」も詰まっているためにスムーズに氣が体の中を流れる事ができません。

これは決して異常ではなく、逆に詰まっていないほうが珍しいと言えます。

人は「心に傷を負いたくない」「傷つきたくない」という思いから、氣の通り道を詰まらせていきます。そのようにして、ダメージが魂(第4チャクラ)に届かないようにガードしています。

そしてこのガード、詰まりによって、チャクラも回転しなくなっているのです。

チャクラを回転させるようになるためにはまず、氣の通り道の詰りを除去する必要があります。

 

 

詰りを除去すると、氣が体の中をスムーズに流れるようになります。

上のイラストは、氣の循環図です。

氣の循環は、足元、股間(ここに第1チャクラが位置しています)から入り、頭頂部(ここに第7チャクラが位置しています)へと向かって駆け巡り、抜けていきます。

最低限、氣が体をめぐる下準備が整ったところで、ここに来てようやくチャクラの蓋を開ける作業に入ります。

頭頂部近くにある第7チャクラは、蓋を開ける事によって、氣の出口になるのです。

そうすることによってはじめて、しっかりとした

「氣の循環」

が始まります。

この、氣の循環の確保が下準備です。これがなくては、チャクラは使えるようになりません。

パワースポットの効果は?

自然界に発生している「精」と呼ばれるエネルギーを第1チャクラから取り込み、第2チャクラで人間が使える「氣」へと変換させます。

それぞれのチャクラを回転させるためには、自然に取り込まれる精のエネルギー変換だけでは、得られるパワーも量も到底足りません。

そこで、パワースポットへ行くという選択をされる人もいます。

日常生活で疲れてしまった心や体を、自然で氣持ちが良い場所に出掛けて癒すといった感じですね。

その方法は、実際に効果があります。

普段、身の周りでは大きなエネルギーを吸収できる場所があまりありません。そこで、特定の地域や場所を訪れることによって、普段得ることができない大きなエネルギーが噴出する場所、勢い良くエネルギーが流れる場所へ出かけます。。

その場所に自分の身を置くことで、パワースポットの持つ強力なエネルギーの強い流れが、体の中に流れ込みます。そして、元氣が湧いてきたり、氣持ちが良くなったりするのです。

 

しかし残念ながら、パワースポットからの恩恵は長続きしません。氣に限らず、全てのものに当てはまりますが、

単純に「使えばなくなる」んです。

 

お腹が空くと、体には力が入らなくなったり、思うように動けなくなったりしますよね。精神的には、些細な事でイライラしたり、集中が出来なくなったり、やる氣が出ななくなったりします。

そこで、ご飯を食べることによって、体力が回復して精神状態も安定します。

氣を補充するための「呼吸法」

ご飯を食べて栄養を補給するように、簡単に氣が補充出来る方法があります。ですが、その実際の方法が知られていないのが現状です。

それが「呼吸法」です。

『正確な呼吸法』でいつでも足りなくなった氣を発生させられます。

ここで大事なのは、

『正確な』

呼吸法です。

正しい呼吸法をすれば、『誰もがその効果を引き出せる』のです。

『呼吸法』とは簡単に言うと、無意識の呼吸とは違い、意図して呼吸をする事です。

当塾では、氣を発生させる他に、氣を扱う呼吸法をお伝えしています。

  • 氣を発生させて、チャクラを回転させる呼吸法
  • 氣を落ち着かせる呼吸法
  • 頭部に溜まった氣を抜く呼吸法

呼吸法ならどこでも手軽に実践出来ますので、簡単に氣が補充出来て便利です。

 

当塾のメールマガジンでは、読者様限定講座で
・不安に対処する為の呼吸法
・氣を発生させ、扱う為の呼吸法
をお伝えしています。興味がありましたら、是非ご登録ください。

コメント