恋愛の感情に騙される気持ちと第四チャクラの関係

チャクラ

関西氣塾・廣瀬教室の廣瀬です。

通常大人は、チャクラの蓋が閉じていたり、気脈が詰まっています。それは、外部のダメージから4番チャクラを守るためです。

多少の詰まりなら、日常生活に問題ありません。氣の循環が確保されていないのなら、必要なものとさえ言えます。(なので、氣塾のレッスンは氣の循環の確保からスタートします)

ですが、あまりにも詰まりが多いと弊害が起こります。

今回の記事では、4番チャクラの詰まりすぎによる弊害の1つの例を書いていきます。

4番チャクラとは?

ハートチャクラとも呼ばれているこのチャクラは、心に大きく関係する、魂の座とも言われるチャクラです。鳩尾に位置しています。

どう生きていきたいのか、何を求めているのか、等の想いを感じて知る事が出来ます。自分自身の本性、自分が何者なのか、どのような生き物であるか?を正確に知る場所です。

4番チャクラの蓋が閉まり、詰まっていると、自分や人の気持ちが分かりにくかったり勘違いをしてしまう原因にもなります。

感情の勘違いは簡単に起こる

感情を勘違いしやすいというのは、いくつかの実験結果にもあります。

 

まず、エピネフリン実験(アドレナリン実験)

心拍数増加・呼吸数増加・血圧上昇等の興奮性の作用を持つエピネフリン(アドレナリン)を投与し、その後にサクラを使って怒らせるという実験です。

エピネフリンについて正しい知識を与えられていた被験者は、興奮している原因は薬のせいだと解っているので、いつも通りの態度でいられました。

逆に、正しい知識を伝えられていない被験者は、サクラに対して物凄く腹立たしく思い、感情が抑えられない傾向が出ました。

薬による作用にもかかわらず、それを知らなかったために興奮状態はサクラへの怒りと認知してしまったからです。

 

次に、有名な吊り橋効果の実験です。

普通の橋と、高くて恐怖を感じる吊り橋を男性に渡ってもらい、その直後にサクラの女性に声をかけてもらうというものです。

吊り橋を渡った男性は、その直後に会ったサクラの女性に対し、積極的で好意的になるという結果が出ています。

これは、吊り橋を渡って怖いというドキドキ感を、サクラに対する恋愛感情と認識してしまったのが理由です。

 

このように、身体的な反応が何故起こっているのかわからない場合、別のものを原因として認識してしまうと、感情の勘違いが起こってしまいます。

4番チャクラの詰まりによる身体的反応と勘違い

チャクラは、そこに携わるような気持ちを持つと、うずきや痛みのような反応が出る事があります。

ストレスが溜まった場合、眉間の6番チャクラに鈍痛が走ったり、胃のあたりにある4番が痛くなる事があります。転機が来る前に、喉の5番チャクラがいがらっぽくなる人もいます。

 

子どもの頃から、自分の自由を制限され過ぎたり、自分自身が嫌いになったり、大きなストレスが与えられれば、魂を守るためにがっちりと4番チャクラを閉じます。

そんな状態でも、魂は本来の自分に気付いてほしいと願っています。それが強い痛みとなって現れる場合があります。

 

例えば、意外と○○さんて、こういう所があるよね、と言われたとします。

何気に買ったカプチーノを飲んでいる時に、それを見た同僚が、「○○さんって意外に甘いものが好きなんですね」と声をかけてくるような感じです。

それが当たっていてもいなくても、本来の自分に気が付きたいという魂の欲求が、4番チャクラに作用します。ですが、その場所がガチガチに詰まっているので強い痛みになります。

もし、その声をかけてきた相手が異性だった場合、恋愛感情と勘違いしてしまう可能性があります。

恋愛の感情に騙されるパターン

この4番チャクラの痛みを利用する術を知っている人は意外にいます。

ホストやホステスに大金を貢いで人生を潰すのも、利用された例の1つです。異性に騙されたエリート社員が、会社のお金に手を出すというような、犯罪に走るパターンもあります。

そこまでいかなくても、都合の良い相手として使われる場合は多いものです。

騙す相手は、4番チャクラについて知っているわけではないはずです。

今までの経験や勘で、4番の詰まりが多い人を見抜きます。そして、どのような言葉をかければ痛みが走るのかを知っています。

そして騙された側は、痛みが強ければ強いほど、相手への強い恋愛感情と思います。それこそ、魂が求めていた相手とさえ思ってしまうのです。

ですが本物の恋愛感情ではないので、気持ちはいつまでたっても満たされません。それがさらに相手への渇望と認識してしまうという悪循環です。

4番チャクラの痛みに騙されないためには?

相手がやっている事は、自分を思いやっての事なのか?
相手は口先だけではないか、言葉と行動が伴っているか?

等を、よく考える必要があります。ですが、それに気が付いたとしても、痛みには抗えないと思います。

なので、4番チャクラを開発するのが一番確実です。その理由は主に3つです。

まず、4番チャクラの蓋を開けて詰まりの掃除をし、綺麗になれば、それまでの痛みは嘘のようになくなります。

次に、4番チャクラが使えるようになると、幸せに気が付きやすくなります。幸せな状態ならば、口先だけの異性にのめり込んだり騙される事もなくなります。

3つ目は、4番チャクラが使える事で、本当の気持ちに気が付きやすくなるという事です。自分自身の気持ちはもちろん、騙そうと近づいてくる相手の気持ちにも気が付けます。

まとめ

4番チャクラの詰まりが多いと、生きていく上で不便が多いものです。

気力の強化で元気になると共に、4番チャクラの開発と掃除で、今までの辛さを清算してみませんか?

関西氣塾では、

「人生が辛い」
「生きて行くのが苦痛」
「心が憂鬱で何も出来ない」
「動く気にさえなれない」

といった悩みを抱えている人が、

「普通に楽しく生活出来る」

ぐらいまで、気力が強くなりたいというご相談をお受けしています。

本格的な「行」よりも少ないレッスンや施術で、そのような状態になっていただけますので
金銭的にもお手頃になります。

月5000円からの気力強化レッスンです。お気軽にお問い合せください。

 

 

コメント