チャクラを開く順番に解説!チャクラが使えると人生は変化します

チャクラ
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

今まで第1~第7チャクラまでの記事を書いてきました。

チャクラについて知りたい方が見やすいように、今回はそのまとめです。

チャクラを開く順番について

チャクラは下部から開いて、使えるようにしていかなければいけません。

第1チャクラから取り込んだ精を第2チャクラで「氣」に変換し、その氣のエネルギーが第3→第4→第5チャクラへと、上に流れていきます。

そして、チャクラは上部になるほど、使う為に必要なエネルギーが多くなります。そして、チャクラは、氣のエネルギーを増幅させる役割があります。

なので、下部から開いて開発していかなければチャクラは使えるようになりません。

チャクラは、それぞれの役割があると同時に、繋がって1つの役割を果たします。下部から使えるようになれば、人生が開けていくようになっています。

 

第1チャクラ 精を収集する
第2チャクラ 氣(氣力)を作る
第3チャクラ 氣力の使い方の基本が出来る
第4チャクラ 自分が何をしたいのか想いを知る
第5チャクラ 想いを実行するための道えらび(人生の岐路)
第6チャクラ 5で選んだ道が正しかったかの確認と、その先を探る
第7チャクラ 6で探ったものを含め全ての答えを得る

チャクラを順に解説

第1チャクラ

第1チャクラの役割とは?実はグラウンディングやお金ではありません
チャクラには、それぞれの役割があります。 それと同時に、第1から第7までの、合計7つのチャクラには繫がりがあり、下部から開発していくと共に、人生が開けてくるという大きな意味があります。 当塾では、チャクラの繋がりと流れ、それによ...

 

女性は女性器がある場所、男性は肛門と男性器の間に位置しています。

第1チャクラの役割は、精(精氣)の吸入です。

精(精氣)とは、草花や森林、土の中の微生物から出ているもので、「氣」の元になります。この精を第1チャクラで収集し、第2チャクラに送って、そこで生命エネルギーである「氣」に変換されます。

第2チャクラ

第2チャクラ(丹田)を強化する本当の意味は?
チャクラには、それぞれの役割があります。 それと同時に、第1から第7までの、合計7つのチャクラには繫がりがあり、下部から開発していくと共に、人生が開けてくるという大きな意味があります。 当塾では、チャクラの繋がりと流れ、それによ...

 

へその下約5~7㎝(丹田・下丹田)に位置しています。

第2チャクラの役割は、第1チャクラで収集した「精」を、人間が使える「氣」に変換するという事です。

氣は、簡単に説明すると生命エネルギーです。そして、氣の量と氣力の強さは比例します。氣の量が多い程氣力も強くなり、元氣で活動的になります。

氣力は人にとって全ての力の元になります。体力、精神力、経済力、学力、影響力、霊能力、等、何を選択するにしても、氣力がないとその力は得られません。

第3チャクラ

感情の管理は第3チャクラを開発すると習得出来る
チャクラを下部から順に開発していくと、最後の第7チャクラを終えた頃には、自分らしい人生を歩んでいく力が得られます。 第1チャクラで、生命エネルギーの元である精を収集しました。 次に、第2チャクラによって集めた精を、氣に変...

 

へその上約3~5cm(臍上)に位置しています。

第3チャクラの役割は、感情の管理(マネジメント)とバリエーションの習得です。

この場所が使えるかどうかで、氣力が強い人なのか、単に氣が強い人なのかが分かれます。氣の使い方の基礎を知り、これから先、上手く応用していけるようになります。

精神力にも関わるチャクラです。

第4チャクラ

第4チャクラ(ハートチャクラ)の役割をあえて夢のない感じで紹介します
今回の記事では、第6、第7チャクラに続いて注目度の高い第4チャクラについて書いていきます。 第1チャクラ 精を収集する 第2チャクラ 氣力を作る 第3チャクラ 氣力の使い方の基本が出来る 第4チャクラ 自分が何を...

 

ハートチャクラとも言われるチャクラですが、心臓のあたりではなく鳩尾に位置しています。

心に大きく関係するチャクラです。どう生きていきたいのか、何を求めているのか、等の想いを感じて知る事が出来ます。魂の座とも言われます。

自分自身の本性、自分が何者なのか、どのような生き物であるか?を正確に知る場所です。

第1チャクラで「氣」の元を収集し、第2チャクラで氣に変換した後、第3で氣の使い方の基礎を習得しました。

そして第4で、自分の想いに氣が付きます。自分の想いを知ったとしても、氣のマネジメントが出来なければ上手く叶えられません。なので、第1~第3チャクラを使えるようにならなければ、このチャクラは上手く機能しません。

第5チャクラ

第5チャクラの役割は「人生」についてです
チャクラには、それぞれの役割があります。 それと同時に、第1から第7までの、合計7つのチャクラには繫がりがあり、下部から開発していくと共に、人生が開けてくるという大きな意味があります。 当塾では、チャクラの繋がりと流れ、それによ...

 

喉元、首と胴体の境目のくぼみに位置しています。

第3が直近の性格を司るのに対して、第5は長期の性格を司っています。つまり人生や生き方に関するチャクラという事です。

第5チャクラは、第4チャクラの想いを元に、どのように生きていくかを選ぶ役割があります。

人生に関わるので、今まで生きて来た上でのわだかまりやトラウマが強く影響を及ぼします。

個人に関するチャクラの最終の部分なので、個人すら統制出来ないのであれば次のステージには進めないようになっています。

第6チャクラ

サードアイ覚醒!?第6チャクラの正しい使い方は?
今回は、チャクラの中でも1・2位を争う程人氣の第6チャクラです。第三の目、サードアイとも呼ばれます。中二病の世界では邪氣眼とも言われているようです。 当塾では、チャクラの個々の役割と共に、チャクラの繋がりと流れ、それによってどう変わっ...

 

眉間に位置しています。

第5チャクラまでは、個人を司るものでした。ここからは個を超えた霊性の場所になります。

第5チャクラの役割は、五感と第六感を鋭くし、自分の行く道が正しいかの確認や、叶える方法を知る事です。

第7チャクラと連携して、天からのお知らせを受け取ります。第7チャクラが上手く使えるようになれば、第7で言葉を受け取り、第6で映像を見てより細かなニュアンスを受け取れます。(誰でもすぐに出来る事ではなく、コツがいるので練習をしなければいけません)

第6チャクラに憧れて、無理矢理使おうとする人は非常に多いのですが、それはあまりにも危険な行動です。第5チャクラまでを使えるようになってからでないと、大した能力も発揮できない状態で、それに振り回されて潰れてしまいます。

第7チャクラ

第7チャクラ(クラウンチャクラ)の役割と開く重要性
第1チャクラから順に進んでいった解説も、この第7チャクラで最後になります。 チャクラには、それぞれの役割があります。 それと同時に、第1から第7までの、合計7つのチャクラには繫がりがあり、下部から開発していくと共に、人生が開けて...

 

百会、頭頂部より約3㎝~5㎝ほど後ろに、つむじの近くに位置しています。体内の氣を噴出させるために、この第7チャクラは上を向いています。

第7チャクラの役割は、上からのお知らせを受け取る・答えを知る、と共に、氣の出口となり循環を作る事です。

感受性が高かったりよく考え事をする人は、頭部に氣が溜まりがちです。氣が溜まると圧がかかるので頭痛の原因になります。循環が確保されれば、それがなくなります。

第7チャクラを使って、この世とあの世の法則を知り、人生の目的を第4チャクラにアクセスする事で思い出す事も出来ます。

第6チャクラと同じく、使い方にはコツがあり、練習が必要です。

まとめ

チャクラを使う為には、正しい方法と順番を守らなければいけません。

言い換えれば、それを守ればスムーズに使えるようになります。

チャクラと氣の関係は?正確に稼働する条件は4つ
当塾のチャクラ開発の効果や理論は他と比べると独特なようで、それに関するご質問をいただく事があります。 今回の記事では、当塾でのチャクラの考え方や、実際に使えるようにするためにはどうすれば良いのかを書いていきます、 チャクラとは ...

チャクラを使えるようになって、充実した人生を送りたい方は、是非当塾へご相談ください。

コメント