認知資源(注意資源)とは?増やす方法や、氣・チャクラとの関係

氣力
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

多忙な中、予定をこなしたりやり遂げたりするためには、認知資源(注意資源)を有効活用すれば上手くいきます。

今回の記事では、認知資源の増やし方や、氣・チャクラとの関係について書いていきます。

認知資源(注意資源)とは?

集中、注意、思考等の脳の使うエネルギーには限りがあるという考え方です。

朝起きた時、認知資源に余裕がありバリバリ勉強したり作業が出来たとします。そのうち集中力が途切れたり、頭が疲れてぼーっとしたりするようになります。

これが、認知資源を使い果たした状態です。

認知資源は睡眠によって回復するので、可能ならば仮眠を取れば多少回復します。

何かを判断する、慣れない作業をする、複数の仕事を同時に行う、難しい仕事をする、等で認知資源は多く消費されます。

認知資源(注意資源)の個人差の原因

氣の量

氣は全てのエネルギーの源なので、認知資源の多少にも関ります。

勿論、氣の量が多いほどに認知資源も多い可能性があります。氣力が強ければ認知資源も多い、とも言い換えられます。

「気力」について解説!元気・やる気だけじゃないその効果とは?
今回は当塾で、元氣で楽な人生を送っていただくために必要な「氣力」について書いていきます。 氣力とは? 氣力は氣の量 weblio辞書で「氣力」と調べると、 「困難や障害に負けずに物事をやり通す強い精神力。氣持ちの張り。氣合」と出...

氣の使い方の癖

行動型・感覚型

体内を巡る氣のエネルギーをどう使うかは、人によって違います。

大きく2つに分けて

  • 行動型;氣(力)を主に「行動」として使う
  • 感覚型;氣(力)を主に「感覚・思考」で使う

となります。

感覚型の人の方が、認知資源に回すエネルギーが多い上に使い慣れているので、多く使えます。

「行動型と感覚(思考)型」という分類
感覚や氣のエネルギーの使い方の習慣として、人は、発する方が得意か受け取る方が慣れているのかという2通りの分類が出来ます。 送信型/受信型、と呼ぶ人もいますし、エンパス/逆エンパスと表現する人もいます。 当塾では、行動型/感覚(思...

認知資源(注意資源)を有意義に使う為には?

認知資源(注意資源)を節約する

お金に例えれば、収入が限られているので金銭管理をきちんとしようとする感じです。

  • 何か判断をしないといけない事は、はっきりとした基準を作る
  • いつもやる事は手順を決め、ルーチンワーク化する
  • 記憶しないで良い事はメモで済ませる
  • 判らない作業は細分化して考えてみる
  • 得意な分野の仕事を進んで行い、苦手な分野は可能ならば人に任せる

といった方法があります。

認知資源(注意資源)を増やす

お金に例えれば、やりたい事や欲しいもの、必要な物が多いので収入を増やすという考え方です。筋力を増やす為に、負荷をかけてトレーニングをします。認知資源を増やすのも同様です。

基礎氣力が充分ならば、精神力を増やすようにします。基礎氣力から足りないならば、体力を増やす事から始めます。

氣のエネルギーが、体力→氣力(気持ちの力)→精神力という発達をしていきます。

認知資源は精神力になります。

気力と体力と精神力の違い(発達理論)
氣力・体力・精神力の違いは、氣力の発達段階として説明が出来ます。そして、チャクラとも関連付けられます。 今回の記事では、元氣楽塾が提唱する、氣力の発達理論について書いていきます。 氣力の発達理論における「氣力・体力・精神力」 ...

認知資源(注意資源)を増やす方法

瞑想

瞑想は集中力を身に付ける訓練という面があります。心の波が立たなくなる事で、判断力も付きます。

瞑想の発達段階とチャクラ・徳の関係
瞑想の発達段階について、第2~第7チャクラまでの瞑想を記事にしました。 なぜチャクラに対応した瞑想をするのか、その目的や目的は何かについて書いていきます。 何故チャクラに対応した瞑想を行うのか? チャクラと瞑想の親和性が高いから ...

考える癖をつける

何か出来事があった時に、まずシミュレーションしたり一旦考える癖を付けます。その他にも、あった出来事の原因を探ったりしていきます。

考える事になれてくれば、多くの気付きが得られます。それが楽しく感じられれば、深く考える癖が付き、無理なく認知資源が増えていきます。

勉強

三角関数のsin・cos・tan(サイン・コサイン・タンジェント)を習ったあたりで、

「このような勉強をして何の役に立つのか?」という疑問を持ったり、周囲からそのような声を聞いたかもしれません。実際それを身近に使う職業の方もおられますが、直接は使わない人の方が多いくらいです。

学校の勉強は、将来全てが直接役に立つわけではありません。

ですが、頭の使い方をトレーニングする、授業を落ち着いてしっかり聞く、試験勉強をしっかりする等の頭のトレーニング、つまり認知資源を増やすトレーニングの役割も果たしていました。

何かに集中する(作業等)

何かに没頭していて、その作業に疲れても、(危険のない範囲で)さらに30分、もしくは後1時間頑張って続けるという負荷をかければ、トレーニングになります。

認知資源(注意資源)と、氣・チャクラの関係

認知資源に強くかかわるのは、第6チャクラです。

サードアイ覚醒!?第6チャクラの正しい使い方は?
今回は、チャクラの中でも1・2位を争う程人氣の第6チャクラです。第三の目、サードアイとも呼ばれます。中二病の世界では邪氣眼とも言われているようです。 当塾では、チャクラの個々の役割と共に、チャクラの繋がりと流れ、それによってどう変わっ...

チャクラは下部から上部に向かって、第1~第7まであります。そして上部になる程に使う氣の量が増えます。

なので、認知資源が多い状態とは

  • 氣の量が上部のチャクラを動かせる程に多い
  • 上部のチャクラがつかえる程に精神性が高い

という事です。

チャクラがしっかり使えるようになれば、通常は第5チャクラを頼るような決断でも、第3チャクラで代用出来るようになります。

チャクラの開発で認知資源を増やす

チャクラを開く順番に解説!チャクラが使えると人生は変化します
今まで第1~第7チャクラまでの記事を書いてきました。 チャクラについて知りたい方が見やすいように、今回はそのまとめです。 チャクラを開く順番について チャクラは下部から開いて、使えるようにしていかなければいけません。 第1チ...

第6チャクラを使えるようになるまでに、第2~第5チャクラを使えるようにしていきます。

下部のチャクラから開発していくと、上部に進むに従って氣力も強くなります。

当塾のレッスンでは、チャクラの発達段階と共に精神性の発達を目指していただいています。なので、第4チャクラの開発が終わった段階でも、驚く程に認知資源が増えています。

チャクラの発達段階による実生活の変化・目標について
元氣楽塾では、チャクラの開発とともに生活や精神性の発達を目指していただいています。 人はそれぞれ課題や抱えている問題、目標等が違うので、たどる経緯は様々です。 代表的な例としての。発達段階の実践を書いていきます。 チャクラとは? ...

まとめ

理想は、基本的には認知資源を節約しつつ、増やす為のトレーニングをしていく事です。

この2つが出来ていれば、いざという時に多くの頭脳労働が出来ます。もしくは同じ頭脳労働を疲れなくても出来るようになります。

仕事で認知資源を使い果たし、家に帰ってぐったりする生活は楽しくありませんよね。睡眠を上手く使いながら、認知資源を意識して疲れない生活を目指してみてください。

コメント