心が変われば態度が変わる、では心はどうやって変えるのか?

チャクラ
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

元氣楽塾は確実に、かつ正しく、人生を元氣で楽に変えていく理論と実践を提唱しています。

今回の記事では、有名なヒンズー教の教えの実践について書いていきます。

ヒンズー教の教えー人生を変える方法

心が変われば、態度が変わる。
態度が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。
運命が変われば、人生が変わる。

というヒンズー教の有名な教えがあります。

たしかに心を変えれば態度は変わります。ですが、それはあまりにも当然な話です。

何故ならば、入れ子構造で言えば心は態度を超えて含むからです。

極論を言えば、100mクロールで泳げるようになるためには、200mクロールで泳げるようになればいいと言っているようなものです。

発達段階として、人生を変える順番は?

 

先ほどの教えをチャクラに置き換えます。

心が変われば、態度が変わる=  第4チャクラ→第2チャクラ
態度が変われば、行動が変わる= 第2チャクラ→第2チャクラ
行動が変われば、習慣が変わる= 第2チャクラ→第3チャクラ
習慣が変われば、人格が変わる= 第3チャクラ→第3チャクラ
人格が変われば、運命が変わる= 第3チャクラ→第4チャクラ
運命が変われば、人生が変わる =   第4チャクラ→第5チャクラへの変化を指します。

チャクラの発達は、下部の第2チャクラから、第3→4→5、といった順に上部に向かって上昇させていかなければ使えるようになりません。(第1チャクラはこの世に生きている時点で稼働しています)

それを踏まえてみてみると、最初の「心が変われば、態度が変わる」の順番が違う事になります。

そして、実際に「心を変える」のは難しいものです。何か強い動機や出来事でもなければなかなか実現しないのではないでしょうか?

なので、もっと人生を変えるのに取り組みやすい順に変えてみます。

態度が変われば、行動が変わる= 第2チャクラ→第2チャクラ
行動が変われば、習慣が変わる= 第2チャクラ→第3チャクラ
習慣が変われば、人格が変わる= 第3チャクラ→第3チャクラ
人格が変われば、心が変わる=  第3チャクラ→第4チャクラ
心が変われば 、 運命が変わる=  第4チャクラ→第4チャクラ
運命が変われば、人生が変わる= 第4チャクラ→第5チャクラへの変化になります。

これならば、いきなり高度な「心を変える」という課題から取り組む必要がなくなります。

人生を変える発達段階とは?

態度

態度とは、行動を決定する要因の1つです。これは内的要因になります。他の行動要因として、周りの状況や他の人の影響などの外的要因があります。

物事に取り組む時や人と接する時にでる態度によって、その物事や人間関係の結果が変わってきます。態度が悪いまま行動するといい結果には繋がりません。逆に態度がいい状態で行動すると、その物事に取り組む姿勢や人への対応が良くなり、氣がつく事が増え、より良い結果へと進みます。

人は変えられない、変えられるのは自分だけという内的要因を大切に出来れば態度と行動が一致します。

行動

行動しなければ、状況に受け身になり、運や氣持ちも自分では管理出来ません。周囲にコントロールされ、成功する事もあれば失敗する場合もあります。

解決したい事や叶えたい事があればまず行動するようにしていきます。

運を引き寄せる人と2・6・2の法則
運は、管理(マネジメント)出来ます。 運が悪いと嘆いている方も、その方法さえ身につけられると運に恵まれてきます。 今回の記事では、運を管理し、引き寄せる方法を書いていきます。 運を管理する=氣を管理する 「氣持ち」を管理出来...

習慣

行動の繰り返しが習慣に繋がります。

例えば健康の為にウォーキングを習慣付けたいのならば、ウォーキングという行動を何度も繰り返す事で習慣に変わります。

人格

いい習慣と悪い習慣の比率によってその人の人格が変わります。

いい態度でいい行動、そしていい習慣を続ければ、自分にとって好ましい人格を形成出来ます。その上周りから「いい人認定」されますし、その評価はいい方向に向かいます。また自分でもその評価を受け入れる事ができます。

悪い態度で悪い行動や習慣を続けると、周りから「悪い人」認定され、自分ではその評価がおかしいと感じたり、さらに悪い方向へ進んでいきます。

良い行動や良い習慣を身に付ける過程で、それだけの苦難を乗り越え、強さを持ち、その中でしっかり形成した人格が、にじみ出てくるようになります。

いくつかの人格を統合する事によって、心は形成されています。人格を磨くことは心を磨く事の本質にもなります。

もちろん外的要因も心の形成に影響を与えます。ですが、態度の時点で内的要因を重視していれば、心に影響を与える外的要因も自身で選択出来ます。

運命

運というものは、望みや世界観の影響を強く受けます。なので、心はダイレクトに運命に影響を与えます。

天が与えた試練や宿命と思えるものでも、実は運命に過ぎず、世界観が現実化しているという例が多くあります。

自分の心の理解は自分の運命を作り上げる事になります。本来あるべき自分の姿に氣が付けば、心がその方向へと進みだし、さらに自分の望んだ運命に到達しようと進んでいきます。

人生

自分の運命が分かれば人生そのものが変わり始めます。自分が引き寄せた運命の集合が人生という見方も出来ます。

人生の入れ子構造

  • 態度が変われば、行動が変わる
  • 態度→行動が変われば、習慣が変わる
  • 態度→行動→習慣が変われば、人格が変わる
  • 態度→行動→習慣→人格が変われば、心が変わる
  • 態度→行動→習慣→人格→心が変われば 、運命が変わる
  • 態度→行動→習慣→人格→心→運命が変われば、人生が変わる

というように、人生は、態度・行動・習慣・人格・心・運命を超えて含みます。

 

まとめ

態度を変えれば人生が変わるならば、取り組みやすくなります。

態度を少しずつ変えていけば、良い「氣」に変化していきます。その良い氣の積み重ねが、良い行動、習慣、人格に繋がり、心を変える事が出来ます。

コメント