天才になる為の気力強化と才能の探し方

氣力
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

天才は、多くの人が想像しているものと違うと私は考えています。

そしてその天才のイメージにより、多くの人が天才になるチャンスを失っているとも感じでいます。今回の記事では、天才になる方法とそれを阻む考え方について書いていきます。

氣力強化で天才になる

何かの才能を開花させるためには、勉強や練習等、何か行動をしなければいけません。

以前、氣力が強くなれば成功しやすくなるという記事を書きました。

成功に必要なのは努力よりも気力
成功する為には、努力が必要と言われています。努力をしても成功するとは限らないけれど、努力しないと成功はしない、という考え方です。 一方、成功に努力はいらない、成功している人はがむしゃらな努力はしていないという考え方もあります。 ...

通常ならば、努力は思った程には持続しません。なので途中で挫折する事もありえます。

氣力が強くなれば、特にエンパス等の感受性が高く疲れやすい人の場合は、今まででは想像出来なかった程に努力が持続します。

最初から出来なくても、努力してトライアンドエラーを繰り返し、出来るようになります。

世間のイメージではそのような人は、天才ではなく、秀才と評されます。ですが秀才であっても、努力の積み重ねの結果、物凄く出来る状態になります。天才の領域に入るとも言えます。

なので結果的に天才になれるという事です。

氣力強化で得られた努力し放題の状態が、天才の道に繋がっていきます。

氣力強化で得た元氣ややる氣、折れない心を、天才になる為の助けとして使っていけます。

「気力」について解説!元気・やる気だけじゃないその効果とは?
今回は当塾で、元氣で楽な人生を送っていただくために必要な「氣力」について書いていきます。 氣力とは? 氣力は氣の量 weblio辞書で「氣力」と調べると、 「困難や障害に負けずに物事をやり通す強い精神力。氣持ちの張り。氣合」と出...

才能の探し方の注意点

何の天才になるかというのは、何を目標にして努力していくかを見つけるのと同じ意味です。その探し方について勘違いしやすい点を書いてみます。

天性の才能の意外な使い方

最初から才能があり、少しの努力でメキメキと実力を発揮するような場合、それが人生の最終目標ではない場合が多いと感じています。

アニメの「キャプテン翼」で、新田瞬というキャラクターがいます。

中学2年生で、50メートルを6秒フラットで走るという俊足の持ち主です。

ウサイン・ボルトは50メートル5秒47(100m走の通過タイム)です。なのでこのキャラクターが、どれだけ凄いのかは想像していただけると思います。

陸上競技の短距離選手として人生の目標を設定する事も、普通にありえます。

ですがこの俊足のキャラは、サッカーに打ち込み、俊足を活かしたFW選手になります。あくまでもあの足の速さを、夢や目標の為の補助と使っています。

多くの人の生き方を見ていると、このような才能の使い方をしている人は案外居るんだと解ります。

なので、自分の一番の才能をメインに活かせない目標が出来て戸惑う時は、このパターンを思い出してみてください。

欠点を探さない

精神が成熟していない人間は、欠点を克服する事を強要してきます。この思考は非常に危険なので陥らない様に意識してください。

そのような人は、自分に自信がない上に器量が小さいのでそのような思考になります。そしてあなたをコントロールしたくて言ってきたいる可能性があります。

欠点や苦手な事は、自分が困らない程度に習得すれば良いだけです。言い換えれば、困らなければ全く習得しなくてもかまいません。

人に言われた欠点を克服する為に努力したもしくは、ダメな自分で居たくないが為に克服したとします。

努力を重ねれば、そこら辺の人よりも秀でて出来るようにもなります。何かについて努力を重ねる人はそんなにはいないからです。

ですが、努力に努力を重ねたのが欠点部分ではなく、本当の得意分野だった場合はもっともっと才能が特化していたわけです。

結果、欠点を人生目標にしてしまい、活かすべきものは眠ったままになります。

それはあまりにも、もったいない事です。

「これだ!」という目標を探さない

人には生まれてきた意味、約束、使命があります。それは揺ぎ無い事実です。

ですが、その使命はそれほどドラマティックなものではありません。映画やアニメの世界のようにはまずなりません。

物語の世界では、人生の目標や使命に出会えば

  • 「これこそが人生の目標だ」と強く確信し
  • 体と心に力がみなぎり
  • 努力を苦ともせずに目標に向かって進み続け
  • 目標について何の不安、疑い、違和感もなく
  • その目標に向かっての道しるべが用意され確実に進める

といった世界が描かれます。たまに悩み道に迷っても、それがさらにその道への思いを強めるようなものです。

そのような物語をいくつも見てしまうと、目標や使命はそのようなものと思いはじめます。

そして、上記のような状態になれないのは、自分が本当の目標や使命に出会っていないからだ、と思ってしまいます。

ですが、これではいつまでも目標や使命は見つかりません。見つかっても氣が付かないからです。

 

もしこの状態に自分が陥っているなと思う人は、以下の考え方を取り入れてみてください。

やってみたい、興味あるな、というものがあった場合、確信がなくても、ゆっくりでも良いので、とにかく行動してみる事です。

その行動がきっかけで、別のやってみたい事が現れる事があります。別の物の方がいいなと思えば、それをやってみてもかまいません。

目標や使命は、進んでいるうちになんとなく見えてきます。それは最初に想像していたものとは違う事の方が多いくらいです。行動していく中で、適性を見つけ新たな人とも出会い、自分のペースで試行錯誤を続けていくと、氣が付けば、自然に、使命を果たしている状態になります。

これが健全な使命の見つけ方であり、心が楽なのに充実した人生に繋がっていきます。

まとめ

当塾のレッスンの目標の1つとして、自己実現があります。

自己実現を叶えた状態は、本人はやりたい事を楽しくやっているだけなのに、周囲からは才能を活かし充実した人生を揺ぎ無く歩んでいるように見えます。

これがある意味「天才」とも言われる状態で、天才を誰もが目指せる理由だと確信しています。

 

それを達成する為にはまず心が健康でなければいけません。氣力も大きな助けになります。その上で自己認識を正しく持つ必要があります。

当塾でのレッスンはカウンセリングと氣力強化施術の、この2つのアプローチで、人生の目標へ近づいていきます。自己対話セッションと勉強会で、無意識を知るお手伝いをしています。

自分の才能は何か探している方は是非ご相談ください。

 

コメント