いつも何か・誰かに振り回される事をなくす方法

氣力
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

人に振り回されるのは、優しかったり、人を優先させるのが原因と思われます。

ですが、人に振り回された状態では、結局人に迷惑をかけます。そして何より、本人が生き辛くなるのが問題です。

今回の記事では、人に振り回されず楽に生きる方法について書いていきます。

いつも何か・誰かに振り回される事をなくす方法

人や環境のせいにしない

人は変えられない、変えられるのは自分だけという考えの元で判断や行動をするようにします。

同時に、人によって自分はコントロール出来ない、という考えも大切です。

これは、選択理論心理学の、内的コントロール・外的コントロールの考え方でもあります。

内的コントロール・外的コントロール心理学と第7チャクラを使うコツ
第7チャクラは、開発した後に使う練習をしなければいけません。これは第6チャクラも同様です。 瞑想や禅を繰り返す事で使えるようになってきます。 そしてもっと大切なのは、人間的に成長出来ているか、筋の通った生き方が出来ているかどうか...

人のせいにした時点で、問題は自分から離れます。これは一見責任を感じなくても良い、ただ文句さえ言っていれば良いという、有利な状態に思えるかもしれません。

ですが、問題が解決や改善が出来るかどうかさえも自分から離れた事になります。

改善されなければ、いつまでも氣になり振り回されてしまいます。自力で解決して楽な氣持ちになる方が、悩みも減り生き易くなります。

自ら行動する

何か困難な事があった時に、状況が良くなったり助けが入るのを待つ、ただ悲観にくれる、何とかなると思い何もしないでいる、のは自分主体ではありません。

周囲が動くのを待つだけでは、状況が変わる事に一喜一憂しかねません。これが周囲に振り回されている状態です。

自ら行動すれば、自分の意思で状況を変えられる要素が大きくなります。助けが必要な時は、その助けをはっきり求める事も、自らの行動になります。

出来事は状況に左右される部分も多く、全てが自力で解決出来るものではありません。

ですが、自分で行動すればそれに意識がいくので、人任せにするよりもずっと外部からの影響が少なくなります。

運を引き寄せる人と2・6・2の法則
運は、管理(マネジメント)出来ます。 運が悪いと嘆いている方も、その方法さえ身につけられると運に恵まれてきます。 今回の記事では、運を管理し、引き寄せる方法を書いていきます。 運を管理する=氣を管理する 「氣持ち」を管理出来...

勝ち負け・ゼロサム思考から離れる

ゼロサム思考とは、利得や幸せが全員で合わせて0(ゼロ)になるという考え方です。一方が得をすれば、もう一方が損をするという思い込みです。

なので、常に勝ち負けや、良い悪いなどといった二極思考にもなります。

この考え方では、常に他人を意識するようになります。人の動向により、自分の勝ち負けが決まるからです。

この考えから離れるには、みんなで得をしよう、幸せになろうという考えを身につける事です。

人が良い思いをした時に、焦ったり嫌な氣持ちになった場合、「その人が幸せになる事で、自分が不幸になるわけではない」という事実を検証する癖をつけてください。

ゼロサム思考をやめれば幸せが見えてくる
ゼロサム思考は、幸せを生みません。 そして、自我の発達段階でいえば、かなり初期の状態の考え方になります。 人の為に行動し、我慢や苦労をしているのに、いつまでも不幸なままな場合は、このゼロサム思考に陥っているかもしれません。 ...

徳を貯める

徳とは、良い事をすれば貯まる良いエネルギーです。良いエネルギーが貯まれば、同じような良いエネルギーの人や環境に囲まれます。

徳が高い人が多い場所では、非生産的な妬みや愚痴がほぼ発生しません。そんな事を思ったり言っている間に、改善する方向に事を進めていきます。

そのような人に囲まれれば、自然に自力で物事を改善する方法を学べます。

ただ人に振り回される状態がどれだけ非効率かも分かってきます。なので、氣持ち良く過ごす為に人に振り回されないようにする行動をとりたくなります。

職場のストレス・環境・人間関係を解決するカルマの法則
当塾ではチャクラの施術を行っています。チャクラの上昇は徳の上昇でもあるので、徳とカルマの法則は外してはいけない根本的な概念です。 今回の記事では、徳とカルマの法則が、どう環境に結びつくのか、どうすれば解決するのかを書いていきます。 ...

瞑想をする

瞑想をすれば、心の波が静まり穏やかな氣持ちになれます。そのような状態で物事を判断すれば、的確な行動をとれるようになります。

瞑想の静けさを感じた後に、心を落ち着けて自ら行動するのか、人に任せてやきもきしながら待つのか、どちらが心地良いのかもはっきりします。

普段の心のざわつきの中では、人に依存した状態の不安定さにも氣が付きにくいからです。

瞑想を習慣化すれば、心の静けさが身につきます。週に2~3回、5分の瞑想でも効果があります。一度取り組んでみませんか?

瞑想の発達段階とチャクラ・徳の関係
瞑想の発達段階について、第2~第7チャクラまでの瞑想を記事にしました。 なぜチャクラに対応した瞑想をするのか、その目的や目的は何かについて書いていきます。 何故チャクラに対応した瞑想を行うのか? チャクラと瞑想の親和性が高いから ...

氣力を強くする

「気力」について解説!元気・やる気だけじゃないその効果とは?
今回は当塾で、元氣で楽な人生を送っていただくために必要な「氣力」について書いていきます。 氣力とは? 氣力は氣の量 weblio辞書で「氣力」と調べると、 「困難や障害に負けずに物事をやり通す強い精神力。氣持ちの張り。氣合」と出...

人や状況に振り回される原因として、以下の理由があります。それは、氣力の強化で解決出来ます。

人の影響を受けやすい

人の影響を受けやすければ、言われたことやされたことで頭がいっぱいになりがちです。氣は弱い所から強い所に流れます。

氣力が弱ければ、人の氣が流れ込んで影響を受けてしまいます。

自力で行動する元氣がない

氣は生命エネルギーです。生命エネルギーである「氣」が体内に巡る事で、氣力が強くなります。

物理的に氣の量を増やす事で、元氣になり行動力が付きます。

自力で解決出来る自信がない

氣力強化で行動力が付けば、何かにチャレンジをして成功体験を身に付け、自信が身に付くようになります。

物事を受け止める器量がない

氣の乗る器が器量です。氣の量が増えれば、同時に器量も大きくなります。

振り回されてしまうのは、その出来事や状況について受け止めきれていないからです。器量が大きくなれば、事実を受け止めても冷静でいられるので、解決法も見つけやすくなります。

器量とは何か?大きくする意味と方法について
今回の記事では、人の器の大きさである、器量について書いていきます。 器量とは何か? Weblio辞書で器量の類語を調べると 「度量 ・寛大さ ・ 寛容さ ・ 寛容性 ・ 包容力 ・ 心の広さ ・ 慈悲深さ ・ 懐の深さ ・ スケー...

まとめ

人に振り回されるのは、自分主体ではない状態です。他人の行動は先が読めないので、それが不安やストレスに繋がります。

問題を他人まかせにする事で、可能性を摘んでしまうのももったいない話です。

人に振り回されるのではなく、自分で動いて、結果的に楽な状態になりたい方は、当塾の氣力強化のレッスンをご検討ください。

気力がない・仕事や生活のやる気が出ない方へのプログラム
当塾では、特に氣力不足で悩まれている方へ向けてのレッスンをしています。 「氣力強化の基礎プログラム」 です。 今回の記事は、このメニューについてのご説明です。 氣力強化の基礎プログラムの目的 氣力がなく、仕事だけで精い...

コメント