エナジーバンパイア対処法と自分がそうならない為の対策は?

悩み
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

今回はエナジーバンパイアについて書いていきます。

エナジーバンパイアとは

エナジーバンパイアとは、人のエネルギーを勝手に吸い取っていく人の事です。

エナジーバンパイアから受ける被害

1.氣力が奪われる

バンパイアが吸い取っているエネルギーとは、氣力 です。

氣力は「氣」の量の事ですが、その「氣」を奪われるので氣力がなくなります。

 

 

上の氣力のに書いてありますが、氣力は

  • 精神力
  • やる氣
  • 根氣
  • 集中力
  • 体力
  • 元氣
  • 勇氣
  • 器量

を支えています。

エナジーバンパイアに関わると「元氣がなくなる、運が悪くなる」などという現象が起きるのはこのためです。

氣力の「氣」は通常、第1チャクラから自然の精を吸い取り、第2チャクラで人間が使える氣に変換させて発生させます。

その作業を怠って、人から直接使える氣を吸い取るのがエナジーバンパイアという事です。

その方が一見簡単で、その上人間の愛情エネルギーを感じる事が出来るので、一旦その味を覚えてしまうとやめられなくなってしまうのでしょう。

ですが、人に依存する事で氣を補充するというのは実はしんどい事なので、ある意味かわいそうな人でもあります。

2.悪いエネルギーを浴びせてくる

エナジーバンパイアである人の、話す内容やその人自身の問題が絡み合うと、吸い取られるだけではなく、余分なものを浴びせられることもあります。

エネルギーを吸い取られるよりも、この余分な物の方が厄介かもしれません。

余分な物とは、邪氣であったり、悪い感情(怒り、ねたみ、ひがみ等)疲労感などの全てのネガティブ要素です。

怨念や執念といった念も含まれます。

エナジーバンパイアの「マウンティングタイプ」を想像するとわかりやすいかもしれません。
この人達は、「自慢、優越感、見下し目線、嫉妬、いやみ」等のマウンティングエネルギーを浴びせてきます。

その結果、浴びせられた側の心がすさんだ様な感じになったり、単純に嫌な氣持ちになります。何か落ち込んでしまったり、自分の問題ではないにもかかわらず、その聞かされたことについて考えたり悩んだりしてしまいます。

エナジーバンパイアのエネルギーの奪い方

エナジーバンパイアにはいくつかのタイプがありますが、奪い方のパターンは大きく分けて4つです。どのようなタイプが寄ってきても、この4パターンを当てはめて考えると相手がどう奪おうとしているのか見えてきます。

意識的に奪う場合もあれば、氣が付かずにやっている場合もあります。本人ですら氣が付かずに吸い取っている場合は、悪氣がないので氣が付きにくいかもしれません。

1.仲良しアピールでべったりする

自分は仲間なのだと、無意識のレベルにまで訴えかけてきます。同じ趣味や考え方だとアピールしたり、持ち物や服装等を合わせてきます。

それが単なる好意からくるものなら良いのでしょうが、バンパイアの場合はこちらに「氣」を合わせてきて、エネルギーを自分に流れ込むように仕向けてきます。

一見好意的で悪い感じはしないのですが、「何で真似ばっかりするんだろう?」とか、「もっと自分を持てばいいのに」等と負担に思う場合は吸い取られている可能性もあります。

2、罪悪感を持たせる

こちらが悪いと思わせるような言動を繰り返します。

単純に悪い点(それが実際に悪い事でなくても)を指摘する場合もあります。可哀そうな自分を見せ、同情出来ないなら冷たい人間ではないかと思わせる方法もあります。

「こんなにあなたの事を思っているのにどうしてわかってくれないの?」という押し付けも、これにあたります。

そのようにして「氣」を使ったり「氣」を配ったりするように誘導し、「氣」を奪っていきます。

3.感情を乱す

正面から嫌味を言ってきたり、バカにした言動をしてこちらの感情を乱してきます。

自分の言動で相手が恐怖、怒り、憎しみなどの感情で心を乱すのを見て、自分の存在の大きさを確認しているという意味もあります。

そのようにして「氣」を引き、奪っていきます。

4.マウンティング等で、自分の方が上だと知らしめる

好きな相手だから意地悪するとか、ツンデレとか、そういうのではないのに嫌いな相手に積極的に近寄っていく人がいます。

そしてやる事や仕事などにダメ出ししたりします。関係ない事やこじつけであってもです。これは、エネルギーを奪うのによく使われている方法です。

自分のほうが上だと実感する事でエネルギーを得ます。総じてそのような人は氣が強く(氣が強いのではありません)押しが強いのでやっかいです。

ですがそのような人は結局発達心理学の観点から見ると、ダメな人間のうちの2割に入っている程度です。

エナジーバンパイアの被害にあう原因

当塾では氣力の強化を行っているので、氣力がない事に悩んでおられていた生徒さんも多くおります。

エナジーバンパイアに吸われるから氣力がなくなる上、氣力がないのでエナジーバンパイアの被害に遭いやすいという悪循環にはまっていた場合さえあります。

実際に被害にあった2人の生徒さんの例を書いてみます。

エナジーバンパイアに関わった生徒さんの話

氣力が奪われ回復出来なかった例

当塾では氣の循環を確保すると共に、氣力を自力で回復させる方法を指導しています。

氣の循環は、外部からの攻撃に対抗するバリアの役割を果たすとともに、バリアを抜けて入ってきた物を排出する役割があります。

その上で自力で「氣」を発生させる事が出来るので、行の進み具合によって氣力の強弱はあれど、基本的にきちんと回復して元氣になれます。

ですが、ある生徒さんの氣力があまりにも回復しないのです。

「自分に向けられた言葉でもないのに心に刺さったまま、少しの間残ってしまう」

「なぜか一向に本調子に戻らない」

「何かがおかしい」

と、ご本人にも理由がわからないまま、苦しんでおられます。

よくよくお話しを聞いてみた結果、心身共に病みかけている人と話をする機会が多い事が、不調の原因だと解りました。

この方は性格上、人の話を親身になって聞いてあげるタイプで、その相手の心配してしまう癖があります。

その結果、氣が付かない間に、この生徒さんの氣力がその人達に吸い取られてしまっていたと言うか、大量に流れ出てしまっていたのです。

相手の人達が、氣力を吸い取ってやろうと思っていなかったとしても、自然とその様になってしまいます。

行をしていれば、少々誰かに氣力を持っていかれても大した事はありませんが、大量に流出してしまうと疲労感が残ります。

たっぷりと水を吸い込んだスポンジでも、カラカラのスポンジにひっつかれると、あっという間に水分を奪われてしまいます。

 

回復する速度よりも奪われる速度が早ければ、いつまでも辛い状態が続くのです。当塾では回復の補助と、悪いものを抜く施術が出来るので、全ての生徒さんに「しんどい時こそ、ここに来るように」と伝えています。

とにかくエネルギーを奪われないように、出来うるかぎりそのような人とは距離をとるのも大切な事です。

自分を守る事を優先的に考えられなかった例

当塾では、嫌だと感じる人や場所にはなるべく近づかないように、そしてその「嫌だ」という氣持ちを大切にするように指導しています。

お仕事や外せない付き合いなどで無理な場合もありますが、可能なものだけを除外したとしても随分違うものです。

なぜこの事が大切なのかというと、魂が内包されている第4チャクラの「魂センサー」の警告に従う事で、危険から身を守り、人生が生きやすく有意義になってくるからです。

チャクラの加工の施術前に、第4チャクラを前後に挟むような形で手をかざし、背中から「氣」を送って正面側で受け取り、生徒さんの魂の状態を確認しています。

その時に、とある生徒さんから今までに感じた事がない重い物を感じました。

魂センサーの警告に従う事を実行に移してくれたそうですが、その結果

「縁切りとか、なんか無視しているようで辛い」

という氣持ちを持ってしまったとの事です。

その対象が、エナジーバンパイアの類の人だったようで、

「その人が縁を切られるのは仕方のない事ですからね、離れなければいけないというその感覚を大切にしてください」

と、お伝えしました。

後日その生徒さんから

「縁切りが仕方なかったのは、その人自身がが自分の悪い部分に氣が付くのを邪魔しないようにという事だったのですか?」

という質問を受けました。

たしかにそういう面もあるのでしょうが、自分を大切にする方法を知らなかった場合、このような発想になってしまう事があるようです。

もちろん、単に自分が嫌な思いをしないようという意味だという事をお答えしました。

氣力がもう少しついてくれば、考え方も健全な方へ向かっていきます。なので、行も順調に進まれているこの生徒さんに関して特に心配はしておりません。

エナジーバンパイアに狙われやすい人とは?

この2人の生徒さんに共通している事は、「氣を使う」タイプだという事です。

なんらかの原因で自己評価の低い人、罪悪感を持ちやすい人、立派な自分に「ならなければいけない」と思っている人が、自分に氣力がない状態でも「氣を使う」という事をしてしまいます。

そのような人が、エナジーバンパイアに狙われやすいと言えます。

何故なら、エネルギーを奪いやすい上に、自ら差し出してくる事さえあるからです。

世間では、このような人を「いい人」「やさしい人」と持ち上げ、こうなるべきという空氣さえ作り出しているので、ますますバンパイアに狙われやすい人が増えていく可能性があります。

自分がエナジーバンパイアにならないためには

エナジーバンパイアでも、元々そういう氣質の場合と、調子が悪くて一時的にそうなっている場合があります。

たとえば「鬱」ですが、

「うつ病」という憂鬱になる病氣になっているのか、
「うつ状態」という憂鬱な氣持ちになっているのか、

の2通りがあります。エナジーバンパイアにも同じような状態があるという事です。

一時的なものなら治るのも早いでしょうが、奪う事が癖になり依存してしまうので軽く考えてはいけません。

エナジーバンパイアにならないための対策として以下の事があります。

エナジーバンパイアに関わらない

エナジーバンパイアにエネルギーを吸われると、吸われた側もバンパイアになる可能性があります。吸われて氣力がなくなっている時に、吸われたのと同じ方法で他の人の氣力を奪う事に成功してしまうと、このような事になってしまいます。

例えば仕事などで、パワハラを受けて氣力を奪われて家に帰ったとします。家に帰って氣分が悪くて家族につい当たってしまいました。まあ、モラハラですよね。
それで悪い氣分がマシになり、次の日に出勤出来る程度に回復するなら、その人はこれから家族にとってのエナジーバンパイアになってしまうかもしれません。こんな感じです。

子供の頃から毒親にエネルギーを吸い取られている場合は、被害を避ける事が出来ない上に、エネルギーを得る方法は人から奪う事だと思い込んでしまっているので、難しいかもしれません。

人から奪わなくても足りるくらいの氣力をつける

氣力というエネルギーが足りないから奪う必要があるわけなので、氣力を自分でつければ単純に奪わなくて良くなります。

氣力が付く事で心身ともに健全になっていくので、人から直接氣力を奪う行為が不健全だという事が感覚的にも分かってきます。

そして、自力で氣力の「氣」を発生させる事が楽な上に面倒くさくないという事にも氣が付いてきます。

 

エナジーバンパイアの対処法

距離を置く


エナジーバンパイアの被害に遭わないためには、一番は物理的に距離を置く事です。それが無理なら心の距離をおきます。

同情しないようにする、挑発にのらないようにする、等、フリだけでも心を動かさないそぶりをしつつ上手く流していけば、この人からは奪えないとあきらめてくれる場合もあります。

ただ、ターゲットを決めたらあきらめないタイプもいるので、距離をおくだけでは解決できない場合もあります。

「いい人」「立派な人」をやめてみる

悪い事はしないにこした事はありませんが、いい事というのは
「しなくてはいけない」事ではありませんし、「してはいけない」事でもありません。するもしないも自由なので、楽だとか心地よいとか、好きな方を選んでいけば良いのです。

この考え方になるだけで、狙われる確率は減っていきます。エネルギーが奪いにくくなるからです。

もっと上を目指そう、充実した生き方をしたい、という氣持ちを否定しているわけではありません。どちらかと言えばそのような人生を、みなさんが歩んでいってほしいとさえ思っています。

ですが上を目指したい要求が、自然に湧き出るものではなく、恐怖心や脅迫観念に基づくものといった場合はどうでしょうか?

理想の自分になど中々なれるものではないので、達成出来ない自分を不必要に攻め続けてしまいます。エナジーバンパイアは、罪の意識を持つ人が大好きなので、鋭い嗅覚で近寄ってきます。

1度や2度くらいならともかく、何度も被害にあってしまう場合は、そのような考え方を変えるようにとの天からのお知らせである可能性もあります。

一旦はその考え方を捨てて、氣楽な状態で過ごしてみるのが自分を見つめ直す良い機会になる上、エナジーバンパイアの対処法にもなります。

エナジーバンパイアに影響を受けないくらい氣力を強化する

氣力をつける事で、まず被害の大きさが少しで済むようになってきます。

氣力の大きな人は存在感が出てきて、周囲に大切にしてもらいやすくもなるので、ターゲットにしにくくもなってきます。

氣力が強くなれば自分を責める氣持ちもなくなってくるので、罪の意識で呼び寄せていたバンパイアも寄ってこなくなります。

 

先ほど例として出した生徒さんは、チャクラ開発の1周目の方達です。

チャクラは第2から第7まで開発して1周目が終了します。その後、別の方法でさらに開発していき、2周目3周目と行が進む事になります。

チャクラの開発と共に、氣力もどんどん強くなってきます。

1周目の第3チャクラ開発あたりで、そこら辺の氣力に満ち溢れた人よりも強い氣力が付きますが、3周目の第4チャクラの開発を終えた頃には、氣力なんていくらでもあふれ出すようになります。

そうなると、エナジーバンパイアが近づいてきても

「氣力をご自由にお持ち帰りください」

状態になっているので、欲しい人は勝手に持っていってくれます。

しかも、そのような類の人が持っていける氣力の量はたかがしれています。氣力が乗る器である「器量」が小さいからです。

これがある意味、一番の対処法かもしれません。

まとめ

自分がエナジーバンパイアではないか? あるいはバンパイアの被害を受けているのではないか?という事を氣に病んで、この記事にたどりついた方は多いと思います。

奪う理由としての氣力の弱さでも、奪われた結果としての氣力不足にしても、氣力不足は辛いものです。

当塾では、楽に日常生活を送れるようになる為の、月5千円からの氣力強化レッスンを受け付けております。詳しくは下の記事をご覧ください。

 

コメント