良縁の本当の意味を知り恵まれる方法を解説します

悩み
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

見えない世界の法則を知り実行する事で、効率よく望んだ状態に近づく事が出来ます。今回の記事では、良縁に恵まれる方法について書いていきます。

良縁の本当の意味

イメージしがちな「良縁」とは?

良縁として代表的なものは、結婚相手就職先の2つです。

人生を大きく左右する上に、長い付き合いにも成り得るからです。

結婚相手ならば、良い相手と巡り合いたいの「良い相手」は、

女性が望むならば、高収入でやさしくて、専業主婦をさせてくれた上に家事もしてくれて休日にはどこかに連れていってくれる人、かもしれません。

男性が望む場合は、共働きで自分の収入を追い抜かない範囲で高収入で、家事を完璧にこなし常に自分を優先してくれる人、かもしれません。

良い就職先とは、

給料が良く自分を尊重してくれて、仕事は楽だけれどやりがいがあり、周囲に凄いと言われるような企業か職種、かもしれません。

(人によって価値観が違うので、これらはただの例です)

本当の良縁とは?

もし先に書いたような良縁に恵まれたとすれば、その生活にあぐらをかいてしまい、心根が腐ってしまうかもしれません。

大体そのような望みで相手に恵まれたとして、相手に何の利があるかもわかりません。

天は、人の精神性が高まる事を重要視します。なのでこれらは悪縁とさえみなされます。

ブラック企業と言われるような場所でも、そこに就職した事であなたが成長したり氣付きが得られるのならば、それは良縁と見なされます。

結婚相手(もしくは結婚予定の相手)が、依存体質で何の成長が見られない相手だったとしても、それによる成長が期待出来るのならば、やはり良縁とされます。

そこで必要な気付きが得られたり課題をクリア出来たのならば、状況が変わったりそこから離れられるようになります。

いわゆる「良い人」と縁が結べる場合は、その人と居る事でお互いが高められるとか、何か大切な目的を達成できる(もしくはその手助けが出来る)というような理由があると考えられます。

良縁に出会う方法

自分を高める事を目的にする

いわゆる良い職場、良い結婚相手と出会う為には、そのような人と高められる何かを目的にする事です。天は、人が成長する事を望んでいるので、その為ならば協力が得られます。

相手をも高められるならば、より協力が得られやすくなります。

何をしてもらうかでなく、何をするかを考える

何をしてもらうか、自分にとってのメリットは何なのか、という基準で出会いを求めると、どうしても受け身になります。

探す行動そのものは積極的でも、思い通りにいかなければ自分ではない何かのせいにしてしまいます。ひとのせいにするというのは、問題を人に委ねるというのと同じです。

本来なら自分で解決出来る問題なのに、人に渡してしまった結果、自分では何も出来なくなりそれに振り回されます。

運を引き寄せる人と2・6・2の法則
運は、管理(マネジメント)出来ます。 運が悪いと嘆いている方も、その方法さえ身につけられると運に恵まれてきます。 今回の記事では、運を管理し、引き寄せる方法を書いていきます。 運を管理する=氣を管理する 「氣持ち」を管理出来...

人は変えられない、変えられるのは自分だけという観点の元、何を出来るかを考えてください。何が出来るかを考えて初めて、あなたに対し何かをしてくれるような縁と出会えます。

その結果、良縁に恵まれるようになります。

努力の量と出会いの質は比例すると知る

出会う相手はあなたの鏡、と言われます。割れ鍋に綴じ蓋と言われる事もあります。

同じ道を進み続ける為には、同じくらいの努力の量が必要です。仕事をしっかりやっていけば、条件の良い職場とも出会いやすくなります。

職場のストレス・環境・人間関係を解決するカルマの法則
当塾ではチャクラの施術を行っています。チャクラの上昇は徳の上昇でもあるので、徳とカルマの法則は外してはいけない根本的な概念です。 今回の記事では、徳とカルマの法則が、どう環境に結びつくのか、どうすれば解決するのかを書いていきます。 ...

自分を高める努力をしていれば、自然に徳が貯まります。徳の量に差が開きすぎると、一緒に居られないような状況になってきます。これは普通に物理法則と思えるぐらいに顕著です。

人生の課題のクリアを普段から心掛ける

人生の壁や課題の意味と乗り越える方法
生きていると、何かしらの困難に出会います。 そして、四苦八苦しながら乗り越えたその後、 「あの時の苦労があったから今の自分があるんだなぁ」と思えるような事があります。 その一方で、いつも同じような困難がやってきて苦労してばかり...

普段から人生の壁や課題をクリアしていると、一生を決めかねない大事な場面を課題にされなくなります。

いざという時でなくても自分を高めようとするならば、これをクリアしなければ一生が台無しだ、という場面に課題を持ちかける必要がないからです。

言い換えれば、天から信用されている状態です。

課題を見極め、クリアしていけば自分の為になると行動しているというのは、天を信用している事でもあります。(天は何でも解決してくれるという氣持ちは、信用ではなく依存です)

天を信用しているなら、天もあなたを信用してくれます。

徳を高くする

徳とは、良いエネルギーの事です。人の役に立つような良い事を行っていく程に徳は貯まります。そして、貯まった徳の一部を消費して願いを叶えます。

良いエネルギーは同質の良い物、人、状況を呼び寄せます。望みを叶える為には、貯めた徳が必要です。

なので、徳を貯めていると両方の意味で、いわゆる良縁に恵まれやすくなります。

徳を積む・徳が高いとは?チャクラを使う為に必要な理論
徳を積む、徳が高いと聞けば、制限だらけの生き方を想像される方もいるかもしれません。 ですが考え方さえ身に付けていけば、そんなに難しい事ではありません。そして何より、生きるのが楽な環境にさえ恵まれてきます。 今回の記事では、徳を積...

まとめ

見えない世界的に納得できる良縁ならば、望めば天が助けてくれます。見えない世界の良縁と、自分が描く良縁を近づけていけば、良い縁と出会いやすくなります。

気力がない・仕事や生活のやる気が出ない方へのプログラム
当塾では、特に氣力不足で悩まれている方へ向けてのレッスンをしています。 「氣力強化の基礎プログラム」 です。 今回の記事は、このメニューについてのご説明です。 氣力強化の基礎プログラムの目的 氣力がなく、仕事だけで精い...

氣を健全にし、行動出来る元氣とやる氣を得られれば、良縁にも出会いやすくなります。チャクラの上昇で徳を高くする事もそうです。

良縁と出会い、人生をその縁と共に充実させたい方はご相談ください。

 

コメント