気力が出ない・わかない悩みについての質問と回答

氣力
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

氣力が出ない悩みを持った人からいただいた質問とその回答を集めました。具体的な症状の一例として参考にしてみてください。

氣力についてはこちらの記事をどうぞ

「気力」について解説!元気・やる気だけじゃないその効果とは?
今回は当塾で、元氣で楽な人生を送っていただくために必要な「氣力」について書いていきます。 氣力とは? 氣力は氣の量 weblio辞書で「氣力」と調べると、 「困難や障害に負けずに物事をやり通す強い精神力。氣持ちの張り。氣合」と出...

氣力が出ない悩みについての質問とその回答

質問1:やる氣が出ない

何をするにもやる氣がないと言うのか、やる氣がでなくて困っています。
趣味や好きな事でさえも出来なくなってしまい、仕事もできればやりたくありません。
この状態から抜け出す事はできますか?

回答

氣力不足状態が続いてしまった事が原因で、体力も一緒に削がれてしまっている状態と思われます。その為に今は、必要最低限の用事をするのがやっとといった感じではないでしょうか?

そこから抜け出すには、まずは氣力の回復から始めなくてはならないと考えられます。

氣力の回復とともに少しづつ元氣がもどり、やる氣が出てき始めます。氣力が充分に回復すると、仕事が苦痛ではなくなり、これまでの休日の過ごし方は、家から出ない、ただ体を休めるだけだったのが、自分の時間を有効に使おうと言う発想が出てきます。

また、やる氣の無さから来る、だるさや、諦める氣持ちが徐々に薄くなって来ますので、氣持ちの面でも前向きになってきます。

質問2:続けられない

持続力、継続力、持久力と言った続ける力が無さ過ぎて困っています。

何事にもトライはするのですが、すぐに飽きてしまうし、ある程度の所まで来ると、これ以上はもういい、と思ってしまいます。性格の問題もあるかも知れませんが、氣力が付けばこの状況を変える事はできますか?

回答

何事にもトライする事ができるだけの氣力と向上心があなたにはあります。

自分を変えていこうと思う氣持ちが、次々と新しい事にチャレンジできる大きな原動力となっています。
考えられるのは、道の途中でつまずいてしまったり、障害物に道を塞がれてしまった時に、それを乗り越えられるだけの氣力がなかった、足りなかったが為に諦めてしまった、やめてしまったのでないでしょうか?

もちろん、自分に合わなかったからやめた時もあると思います。それは、それでいいですし、仕方なかったと割り切ればいいです。

自分の目の前に壁が立ちふさがって、その壁と対峙している時は、通常よりも多くの氣力を使いますし、その状況を続けるだけでも多くの氣力が必要となります。

そこに注ぎ込める氣力が備わっていれば、つまずいて転んでも立ち上がって進み続ける事もできます。壁が立ちふさがったとしても、その壁を乗り越える事もできます。そうすると、これまでは見る事ができなかった景色を見る事ができます。

成長すれば、その成長にふさわしい景色が用意されています。自分が成長したと実感できればおのずと持久力が身についてきますし、それをあなた自身が実感できるはずです。

質問3:元氣がない

自分で言うのも何なんですが、元氣がありません。覇氣もなく自発的に行動できません。

言われた事をただこなす生活が続いています。職場と家の間を行き来するだけで疲れてしまいます。いつも仕事が終わったあとはクタクタで、家に帰ってきてもただ寝るだけの生活です。この生活から抜け出す方法はありませんか?

回答

元氣や覇氣は、「氣」という文字が使われている様に、元氣な人や、覇氣がある人になりたければ、氣が満たされた状態でいなければいけません。

やらされていると思っていると、同じ事をするにしても、消耗するエネルギーは何倍にもなり、それが自発的になれば消耗するエネルギーは何分の1にもなります。

好きな事で没頭できれば時間を忘れるくらいに続けられます。30分好きな事に集中すると、30分が10分に感じられます。逆に、嫌な事を30分続けると、45分にも1時間にも感じられます。同じ30分でも疲れ具合が違うのは、消耗するエネルギーの量が違うからです。

もしも、氣持ちよく仕事ができていれば、今のように疲れないかも知れません。もしかすると、その仕事はあなたには向いていないのかも知れません。

ただ言えるのは、使えるエネルギー(氣)が多ければその分疲れにくくなります。自分の氣を蓄える器(器量、氣量)を大きくすれば、それだけ使える氣の量が増えます。

その使える氣を養う為に呼吸法があります。筋肉をつける為に筋トレをする様に、呼吸法をする事で氣を鍛える事ができます。

氣力がついてくると元氣になってきます。元氣が出れば考え方や、物事の受け取り方や捉え方が変わってきますので、まずは氣力をつけて行く所から始めましょう。

質問4:将来が不安で焦ってしまう

趣味や好きな事を見つければ変わるとよく言われますが、その好きな事すら思いつきません。自分が何をしたいのかもわかりません。ただこもままではダメだと言う思いだけがあり、自分の現状を考えると、将来の不安から、焦りだけが先行しています。

何から始めればいいのかわかりません。こんな状態ですがどうにかなりますか?

回答

恐らく、現状は日々の生活で精一杯なのではないでしょうか?

その様な状態では、他の事を考える余裕もないと思います。ただ、家で体力と氣力の回復をする為に、グッタリしている時間が多く、横になって何もしない状態が続いているのではないかと想像できます。

氣力がついて、元氣を取り戻せば、心に余裕が出てきます。

心に余裕が出てくれば、行動の仕方が変わってきますので、これまで見ていた景色も変わってきます。そうすると、心に余裕がある状態で自分のしたい事、やってみたい事を自然と探せるようになります。

単純にこれ面白そうだなとか、ちょっと試してみよっかな、といった感じで軽いノリで始めた物が、結果面白くなってそれを続いている。という流れになります。

今の心の状態は余裕もなく、逆に追い込まれている状況なので、無理に何かを探そうとしているので、見つけられません。何かをしようとしたり、探している時に、出来ない理由が先に頭の中を支配してしまうので、余計な事を考えて結局のところ何もできなくなってしまいます。

なので、まずは氣力をつけて元氣を取り戻す所から始めましょう。

質問5:特定の人が近くにいると疲れる

職場や家族の中で、特定の人が近くにいると、異常に疲れてしまいます。その人から離れたり、その人が自分の近くから離れていくと楽になります。

この状態では休まる所がありません。どうすれば改善されますか?何か対処法はありますか?

回答

その特定の人達から悪い影響を受けている可能性があります。

ブログにもある、エナジーバンパイアの可能性もありますし、他人をコントロールしようとする人かもしれません。もしくは悪い念を飛ばしてくる人かもしれません。

いずれにせよ、この種の人達とは、出来るだけ関わらないようにするのが一番の対処方法です。

基本的にこの種の人達は、目の前にいる誰か、そんな中でも、おとなしくて優しそうな人をターゲットにして攻撃してきます。

なので、その人達の視界に入らない事が1番の予防策になります。可能であれば、職場を変えてもらったり、転職を考えてもいいと思います。家族の中にこのような人がいる場合は、速やかにその家から離れる事をお勧めします。

ただし、被害が念による物の場合は、距離を置いても被害が治らない場合があります。

そんな時は、自分の氣力を強くして、氣の循環による氣のバリアをはるか、もしくは、氣の循環を利用して、念そのものを自分の氣と一緒に体の外へ流し出します。

氣力が強くなれば強くなるほど、氣の循環のスピードが速くなり、勢いも強くなりますので、バリアの効果も高くなりますし、体外へ排出するのも排出しやすくなります。

どうなれば特定の人達からの影響を受けなくなるかと言うと、その人達よりも氣力が強くなれば、影響は受けなくなります。

その場から離れるか、強くなるか、どちらが自分に合っているかを考えて行動に移してください。

まとめ

元氣楽塾では、

「人生が辛い」
「生きて行くのが苦痛」
「心が憂鬱で何も出来ない」
「動く氣にさえなれない」

といった悩みを抱えている人が、

「普通に楽しく生活出来る」

ぐらいまで、氣力が強くなりたいというご相談もお受けしています。

本格的なプログラムよりも少ないレッスンや施術で、そのような状態になっていただけますので
金銭的にもお手頃になります。

是非、お氣軽にお問い合せください。

気力がない・仕事や生活のやる気が出ない方へのプログラム
当塾では、特に氣力不足で悩まれている方へ向けてのレッスンをしています。 「氣力強化の基礎プログラム」 です。 今回の記事は、このメニューについてのご説明です。 氣力強化の基礎プログラムの目的 氣力がなく、仕事だけで精い...

コメント