不安をなくし自信を付けるための呼吸法

元氣楽塾
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

元氣楽塾の呼吸法の目的は大きく分けて2つあります。

1つめは、不安を解消し、楽になってもらうためのもの。2つめは、氣を発生させ、元氣になってもらうためのものです。

その両方が揃ってこそ健全に前へ進んでいけます。何故そうなのかを含め、当塾の呼吸法について書いていきます。

不安と呼吸法

不安とは何か?

脳の偏桃体の反応によるものです。その部分が危険を察知すれば、実際に危険かどうかは関係なく不安は起こります。

不安とは「予想」であり「予感」です。

目の前に現れた怖いものは恐怖であり、それが起こるのではという想像が不安になります。

呼吸法で不安を解消する

元氣楽塾の呼吸法で、不安に対処していきます。

不安が起こりやすい原因の1つに、筋肉の凝りと姿勢があります。姿勢と心は意外な程に連動しています。

ですが、「さあ、姿勢を良くしよう」と言っても、筋肉が凝り固まっていると上手くいきません。

なのでまず呼吸法ストレッチで胸周りの筋肉をほぐしていくと共に、深い呼吸が出来るよう、前準備をします。

次に、呼吸法運動で上半身を全体的に動かします。

まず体を伸ばしその姿勢を意識する事で、脳に「今はリラックスしている」と教えます。

この姿勢の時に、あえて不安な事を言うという実験をしてもらいます。
「自分はなんてダメなんだー」とか、「もう何もかも終わりだ」等です。
口では悲惨な事を言っても、この姿勢では気分はリラックスしたままです。これによって、どれだけ姿勢が気持ちに影響するのかが解ります。

呼吸法運動は少し複雑な動きをするので、集中してやらなければ上手く出来ません。集中して行えば、発作のように襲ってくる不安にとらわれる事もなく、気が付けば過ぎ去っています。

運動は脳の刺激にもなり、心を良い状態に保つ手助けになります。

不安が起こっても、これらの呼吸法を行えば不安は解消出来るという経験を積み重ねていけば、不安は怖くなくなってきます。

つまり、不安になるかもしれないという不安がなくなるという事です。

自信と呼吸法

自信とは何か?

字の通り、自分を信じるという事です。

そして、大事なポイントは

自信とは認識 であり、感情ではないという点です。

なので、

「自分は自信があるんだ!」
「自信を持たなけれいけない!」

と、感情に働きかけても意味がありません。

自分が自分を信じられるように、そのような経験を積み重ね、データを貯めていけば持てるようになります。

そして、認識は感情の元になります。自分は信じるに値する人間だと認識した結果、自分への良い感情が湧き出てきます。

理想的なのは、子ども時代に親がそのような認識を与える事です。ですが、それが足りなかったとしても、大人になってからでも自信は持てます。

呼吸法で自信が持てる理由

氣を発生させ、元氣になる呼吸法があります。

当塾には、氣力がなくてまともに動けなかった人が多くおります。

そのような人でも、氣を起こす第2チャクラに働きかける呼吸法を行うと、やる氣が出てきます。

朝起きて体が怠く氣分も憂鬱で、「今日は仕事に行きたくないな」と思ったとします。そんな日に実際に休んでしまって、自己嫌悪になる事もあります。

そんな時に、氣を発生させる呼吸法を行なえば、まず疲れが取れてきます。そして「あれ?普通に出勤出来るかも」というくらいの体調になってきます。

それを何度か繰り返していくと、朝起きて疲れていても、呼吸法を行なえば大丈夫という自信になります。

これが、氣を発生させるようになって持てる最初の自信です。

この呼吸法を繰り返していくと、生産出来る氣の量が増えてきます。

その結果、元氣・やる氣・行動力が出てきます。そして、ちょっとした事へのチャレンジが出来てきます。

行ってみたかった/入ってみたかった店に入ったり、作ってみたかった料理に挑戦したり、話してみたかった人に挨拶してみたりと、そんな小さな事から、「出来る事」が増えてきます。

今までなら役者不足と敬遠していた仕事にチャレンジしたり、嫌な事はきっぱりと断ったりもできます。

そのような状態になってくると、周囲は一目置いてくれますし、尊重もしてくれます。

 

その内、何か未知の事にチャレンジしようとした時に、

「これが出来るかどうかについては自信がないけれど、なんだかんだとやってきた自分なら大丈夫」

といった、自信がない自分にさえ、自信が持てるようになります。

ここまでの自信が持てると、自分の問題と向き合えるようになります。

そして、未来への不安がなくなります。大なり小なり未来は未知の世界なので不安なものです。そのような漠然とした不安が和らぎます。それは、自分の未来を信頼し、安心している状態です。

経験で身に着いた認識による自信なので、誰に何を言われようと揺るぎません。

2種類の呼吸法が必要な理由

自信がないから不安を感じやすくなり、不安を感じているから自信が持ちにくくなります。なので、2種類の呼吸法によってその両側から働きかけ、早く確実に楽になっていただけます。

氣を発生させる呼吸法は、元氣になれる大きなメリットがあると同時に、不安を強く持っていれば、その不安が大きくなる場合もあります。

その不安の為に氣が上手くマネジメント出来ず、氣に振り回されてしまう等です。

「氣が強い」のではなく「氣力が強い」状態になっていただく為にも、不安への対処をしっかりと行うのが、私たち元氣楽塾の考えです。

まとめ

当塾の呼吸法は、効果が高い代わりに間違ったやり方で実践してしまうと、変に疲れてしまったりという逆効果の状態になります。

具体的な方法を文章でここに書いたとしても、それだけで正しく実践出来る人はあまりいないと思われます。それが、ブログで呼吸法のやり方を書けない理由です。

元氣楽塾では、メルマガ読者様限定の講座を開催しております。そこで、不安の解消や氣を発生させる為の呼吸法を習得していただけます。

これらの呼吸法を多くの人に習得していただきたいので、受講料をお手頃価格にしております。

興味を持っていただけましたら、是非メルマガを読んでいただいて、この講座だけでも受講を検討してみてください。

コメント