第1チャクラの役割とは?実はグラウンディングやお金ではありません

チャクラ
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

チャクラには、それぞれの役割があります。

それと同時に、第1から第7までの、合計7つのチャクラには繫がりがあり、下部から開発していくと共に、人生が開けてくるという大きな意味があります。

当塾では、チャクラの繋がりと流れ、それによってどう変わっていくか、変わっていきたいか、を重要視しています。

 

第1チャクラ 精を収集する         ←今ここ
第2チャクラ 氣(氣力)を作る   
第3チャクラ 氣力の使い方の基本が出来る
第4チャクラ 自分が何をしたいのか想いを知る
第5チャクラ 想いを実行するための道えらび(人生の岐路)
第6チャクラ 5で選んだ道が正しかったかの確認と、その先を探る
第7チャクラ 6で探ったものを含め全ての答えを得る

このように、第1から第7までで、人生の目標が達成出来るように設定されています。

チャクラの位置と役割
チャクラの概念は、それぞれの流派や団体、思想、宗教、地域、国によって考え方、とらえ方は様々です。 ここでは私がチャクラを開発している実践での解釈を、解説していきます。 チャクラとは チャクラとは、古代イ...

今回の記事では、第1チャクラについて書いていきます。

第1チャクラとは?

「根のチャクラ」とも呼ばれる第1チャクラは、女性は女性器がある場所、男性は肛門と男性器の間に位置しています。

精をしっかりと吸収できていれば、精神的にも肉体的にも健康が維持されますので、人の本能的欲求が自然と満たされていきます。

つまり、人の生命力を増加させ、生きる根本を支えるチャクラという事になります。

生きている限り第1チャクラが止まる事はなく、止まる時は命の終わりを意味します。

第1チャクラの役割とは?

精(精氣)の吸入が第1チャクラの役割

第1チャクラの役割は、精(精氣)の吸入です。

精氣は、万物を生成する天地の氣とも説明されるもので、草花や森林、土からも出ています。それが「氣」の元になります。この精を第1チャクラで収集し、第2チャクラに送って、そこで生命エネルギーである氣に変換されます。

 


上のイラストは氣の循環図です。

氣の循環は、足元、股間(第1チャクラ)から入り、頭頂部(第7チャクラ)へと向かって駆け巡り、抜けていきます。(当塾では、氣の通り道の詰まりを除去し、第7チャクラの蓋を開けて、しっかりと氣の循環を確保するという施術を行います)

精を取り込むと同時に、循環して駆け巡った氣を再び吸入して、再び体内に循環させています。

グラウンディング、お金、元氣、はどこのチャクラか?

第1チャクラを開発すると、グラウンディングが出来る、お金が入ってくる、元氣になれる、と言われているようです。

当塾では、私自身の体験や、日々チャクラの開発を行っている経験からも、第1チャクラの役割はそれとは違うものという結論に達しています。

第1チャクラの役割として言われている「グラウンディング」「お金(経済力)」「元氣になる」は第2チャクラの役割になります

 

グラウンディングとは、氣をしっかり起こし、その氣を下部に留めた状態を指します。

実生活に使えるグラウンディングの効果や方法
グラウンディングとはスピリチュアル関係でよく使われる言葉です。 ですが、実際の所を理解出来ない、イマイチよくわからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 当塾では「グラウンディング出来ている」状態を通常とし、いかにそ...


氣が下部に留まると、体も心も安定して揺ぎ無くなってきます。

 

元氣になるためには、氣力を強くする必要があります。

氣力=氣の量なので、第2チャクラでしっかり氣を起こせるようになると、氣力が強化されます。

 

氣は、生命エネルギーであると共に、人間に備わる「力」となります。

なので、お金を稼ぐ力、経済力も第2チャクラによるものになります。

第1チャクラを活性化させるには?

早朝にゆっくり深呼吸する

早朝に、外に出てゆっくりと、以下の方法で深呼吸を行ってください。

  1. 両足を、しっかり立てる幅に広げて立ちます。
  2. 口からでも鼻からでも、自分が呼吸をしやすく、多く息を吸えるほうで深く息を吸います。
  3. 息を口からゆっくり吐きます。吐ききるのではなく、自然に吐くのが止まる所まで吐いてください(無理して吐ききると過呼吸氣味になります)
  4. 1~3を2分くらい繰り返します。

深く静かに呼吸すると、体に氣が巡りやすくなります。

そうすると、氣を巡らせるために必要な精氣を吸入しやすくなります。

第2~第7チャクラの開発

当塾では、第2から第3へと、下部から順にチャクラの開発を行っています。そして、チャクラを開発していくほどに、起こせる氣の量も増えてきます。

各チャクラの開発を行なえば、収集の役割を果たす第1チャクラは自動的に鍛えられていきます。

まとめ

第1チャクラは唯一「吸入」出来るチャクラです。
そして、氣の循環の始まりのチャクラでもあります。

健康であれば吸引も強くなります。

一方、体調が悪かったり、氣分が落ち込んでいる時の様に、身体が弱っているときは、第1からの吸引も弱くなっています。

その結果、食欲がなくなったり、いくら寝ても元氣にならなかったり、不安があるときは、眠れなかったりします。

吸引が強くなればなる程、氣の循環も強くなっていきます。氣の循環が強いと生きやすくなります。

健康に氣を付けて、第1チャクラの吸引力を維持し、良い循環を作っていきましょう。

コメント