徳を積む事をお金で考えると理解しやすくなります

悩み
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

見えない世界で「徳」は大きな力を持ちます。

今回の記事では、見える世界で大きな力を持つお金に例えて「徳」について考えていきます。

見える世界の「お金」=見えない世界の「徳」

見える世界では、お金は様々なものと交換出来ます。

もちろん、手に入らないものもあります。

例えば、人の好意だったり失った健康等です。

それでも、お金がないよりもある方が、人の好意が手に入りやすくもあります。お金を多く持っている事は、それまで頑張って何かをしてきた証明と思う人もいますし、信用出来る人という判断材料になる場合もあるからです。

健康に関しても、お金がないよりもある方が、技術の高い治療を受けて良くなるという可能性が高くなります。

 

見えない世界の徳は、色々な物と交換出来ます。見える世界の物も手に入ります。

それこそ「お金」もそうです。

引き寄せは、徳を消費する事で叶います。なので、引き寄せられるものならば、徳で手に入る事になります。

徳とは何か?

徳とは良いエネルギーの事です。

良い事をして、人の役に立つと貯まってきます。良い事が起これば消費されます。消費するよりも貯める量が多いと徳がどんどん貯まります。良いエネルギーは同質な物を呼び寄せるので、周囲に良いエネルギーが集まってきます。

そしてもう1つのポイントとして、徳とは見えない世界由来の物という事です。

なので、見えない世界の運行(天の意思による運行)をより良くした対価として「徳」が支払われます。

天の運行を良くするのには、2通りの方法があります。

「自分の為に生きる」気質の場合、

自分の力を磨き高めて、天の運行をより良い方向に変えたという努力と結果が「徳」になります。

「人の為に生きる」気質の場合、

力を磨き高める手伝いをし、天の運行をより良い方向に変える方法をも伝え変えたという努力と結果が「徳」になります。

努力も徳ですが、やはり結果が伴ってこそと言えます。

そして、天の運行をより良い方向に変えるというのは、徳の循環を作る事です。もっと言えば、循環するしくみを作る事です。

お金と徳の共通点

利子が付く

徳を何かと交換せずに貯め続けると、利子が付きます。交換が遅いほどに返ってくるものが大きくなります。

これは、「悪い事」ではよく言われている事です。悪い事をして罰があたる場合、直ぐに罰があたれば小さいけれど、時間を置いての場合は、大きくキツイものが来ます。

徳でも同じような事が起こります。

運用出来る

小さな徳を元手に何かの願いを叶え、その叶えた願いでより多くの徳を得るという方法があります。

徳の循環システムを作り、それが回り続けるならば、徳はもっと貯まっていきます。

とりあえず簡単に出来る事は

「徳を貯めると良い事がありますよ」という徳の法則を他の人に伝える事です。

引き継げる

お金は次世代に引き継げます。(税金の問題はありますが)

徳は、自分の来世に引き継げます。

徳の量が、精神的なチャクラの上昇に現れます。

今世で第4チャクラまで上昇すれば、来世では第4チャクラからのスタートになります。

ここで氣を付けなければいけないのは、「では第7チャクラまで開発すれば来世はもっと楽なのでは?」という勘違いです。

徳が第4チャクラの状態なのに、そのまま上昇させれば、徳が足りないままに体の機能的に、徳がより必要な場所へ移行してしまいます。

そのまま第6チャクラへ移ればチャクラが下降してしまう事もあり得ます。そうなれば、来世では第2チャクラからのスタートです。

引き寄せと「徳」の消費

引き寄せが出来るようになれば、願いは叶います。ですがそれは、徳と交換した結果です。

引き寄せが叶えば、第6チャクラで念力が使えるようになれば、確かに願いは叶います。それで徳が消費されればどんどんなくなり、最後には徳で抑えていたカルマが表面化し、悪い状況になりはじめます。

引き寄せや、第6チャクラでの願いの現実化の効果を、まるで無限にお金が引き出せるカードを持てるかのように解釈する人がいますが、それは違います。

自分の持っている「徳」を、好きなように使える方法を知っただけです。

なので、どんどん使えばどんどん「徳」はなくなります。

まとめ

徳の運用を、私はある程度「天」におまかせしています。天の意向に沿って運用している感じです。

この世に住んでいる限り、あの世の意思ははかり知れない面があります。逆に、はかり疑う事は思考の迷獄に陥るとさえ言われています。

自分が良いと思う事、良い流れになると思う事をとりあえずやっていく事が、徳を貯める確実な方法です。徳が貯まる程に、方法が違っていても正しいやり方のヒントが貰えるようになってきます。

コメント