心・魂・精神の違い ー 存在の大いなる入れ子

心の話
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

心・魂・精神は、何となく違うものとは感じるものの、はっきりと区別出来にくいものでもあります。

今回の記事では「存在の大いなる入れ子」を使ってその違いを説明していきます。

存在の大いなる入れ子とは?

存在の大いなる入れ子 (The Great Nest of Being)

太古からの宗教的伝統の世界観でもある「存在の大いなる入れ子」の図です。

物質(A)の中に生命(B)が生まれ
生命(B)の中に心(C)が生まれ
心(C)の中に魂(D)が生まれ
魂(D)の中にスピリット(E)が生まれました。

 

この入れ子構造が意味するものは

物質=物質
生命=物質+生命(生命は物質を超越しているがそれを含む)
心=物質+生命+心(心は生命を超越しているがそれを含む)
魂=物質+生命+心(魂は心を超越しているがそれを含む)
精神=物質+生命+心+精神(スピリットは魂を超越しているがそれを含む)

単純なものから複雑かつ高次なものへ、超えて含む進化を表しています。

存在の大いなる入れ子を別の視点で見ると


物質の中に生命があり、
生命の中に心があります。

心の中に魂があり、
魂の中に精神があります。

 

治水が出来なく川が氾濫すれば、生命の危機にさえなります。
体の管理が出来ず調子が悪くなければ、心の状態も悪くなります。

心の統制が取れていなければ、魂の望むように生きていけません。
魂の思うように生きていけなければ、精神の望む場所にはいけません。

 

大いなる入れ子の構造は、低次の物の状態が悪ければ、高次が上手く働かない事も示していると考えられます。

 

大いなる入れ子を発達理論として見れば、

(可能な範囲で)体調を良くする→心のバランスをとる→魂通りに生きる→天と繋がり悟りを開く

という順で進まなければ成長できないという意味です。

逆に言えば、

魂通りに生きなければ正しく天とは繋がれません。
心がバランスを崩していれば、正しく魂通りには進めません。

わたしたち元氣楽塾が発達理論を重視しているのは、発達のしくみをきちんと知らなければ、正しいレッスンさえも出来ないからです。迷った時のガイドにすらもなれません。

心・魂・精神の違い

体に対し、知識・感情・意志などの精神的な働きをする部分です。

心には多くの要素が含まれます。

意識・無意識は勿論、トラウマや勘違い、思い込みも含みます。

そして、心は慣習的なものです。周囲から容易に影響されコントロールされます。

自己防衛機能が発達し、ネガティブな記憶が残りやすかったり、心理ホメオスタシスの影響で新たなチャレンジもやりにくいしくみになっています。

そんな中、自分を大切にし、心の声を聞くこと、心を知る事で落ち着いてバランスが取れるようになります。

自分の生まれて来た理由や目的を知り、それを求めて行動しようとする部分です。

心のしくみを脱し魂を知る為には、以下の自我発達段階を超えると言われています。

個人主義的段階(システムの概念の理解)→自律的段階(一般システム的思考)→構築自覚的段階(システムの統合)

発達理論の多くは、この魂の段階までの成長を指します。

例えば、

マズロー欲求5段階説の「自己実現」
ロバート・キーガンの成人発達理論の「発達段階5」です。

ロバート・キーガンの成人発達理論と器量
当塾では、氣力の強化やカウンセリングによって、より良い人生を送っていただけるように最善を尽くしております。 そして、より良い人生を歩むためには、人間的に成熟していく必要もあります。 今回の記事では、人間の成長について上手く言語化...

その魂の段階で、人口の1%と言われています。

精神

魂の中でも、天や神と深く繋がった部分です。

悟りを開く、涅槃(ニルバーナ)を目指す領域です。

心・魂・精神とチャクラ

心のチャクラ

第4チャクラ(ハートチャクラ)の役割をあえて夢のない感じで紹介します
今回の記事では、第6、第7チャクラに続いて注目度の高い第4チャクラについて書いていきます。 第1チャクラ 精を収集する 第2チャクラ 氣力を作る 第3チャクラ 氣力の使い方の基本が出来る 第4チャクラ 自分が何を...

心の声を聞き、自分を大切に出来るようになる場所です。ここを掃除して過去の辛い氣を外に出す事も出来ます。第4チャクラに魂は存在していますが、この段階ではまだ深く知る事は出来ません。

第5チャクラの役割は「人生」についてです
チャクラには、それぞれの役割があります。 それと同時に、第1から第7までの、合計7つのチャクラには繫がりがあり、下部から開発していくと共に、人生が開けてくるという大きな意味があります。 当塾では、チャクラの繋がりと流れ、それによ...

心の中でももっと深く、魂に近い部分を含め、心の統括が出来る場所です。ここを使って選んだ人生の岐路は、魂が求めたものに近い事が多いです。

魂のチャクラ

サードアイ覚醒!?第6チャクラの正しい使い方は?
今回は、チャクラの中でも1・2位を争う程人氣の第6チャクラです。第三の目、サードアイとも呼ばれます。中二病の世界では邪氣眼とも言われているようです。 当塾では、チャクラの個々の役割と共に、チャクラの繋がりと流れ、それによってどう変わっ...

見える世界と見えない世界を含め、その法則が予想出来る場所です。ここが上手く使えれば、心に惑わされずに魂を感じる事が出来ます。

精神のチャクラ

第7チャクラ(クラウンチャクラ)の役割と開く重要性
第1チャクラから順に進んでいった解説も、この第7チャクラで最後になります。 チャクラには、それぞれの役割があります。 それと同時に、第1から第7までの、合計7つのチャクラには繫がりがあり、下部から開発していくと共に、人生が開けて...

この場所が使えるようになれば、天からの答えを聞く事が出来ます。自分は勿論、他の人の魂も理解出来てきます。

まとめ

存在の大いなる入れ子の構造が、元氣楽塾の理論の根本とも言えます。

この一見単純な構造に真理があります。真理かどうかを見極めるリトマス紙として、この構造と統合出来るかどうかを確認しています。

チャクラの上昇も発達段階を踏むべきものであり、その知識もシステムへの理解もなく、開発を進めるのは「資格なし」とさえ言えるはずです。

停滞して悩んでいる方は、発達段階について勉強してみてください。意外な解決方法が見つかるかもしれません。

コメント