共感覚をトレーニングによって苦痛から共存へ━気力強化施術例

元氣楽塾
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

今回の記事では、生徒さんへのレッスンの様子を書いていきたいと思います。

この生徒さんからのご感想はこちらです。

元氣楽塾生徒K・Tさんからのご感想
当塾の生徒さんからいただいたご感想を紹介します。 ご感想をくださったKさんの実際の施術の様子はこちらの記事をどうぞ。 元氣楽塾生徒K・Tさんからのご感想 感覚よりもパワーを欲して当塾へ 私は子供の頃から感受性が強...

レッスンを受けるまで

当塾でレッスンを受けるきっかけ

K・Tさんは長い間、氣力ややる氣がない事に悩んでおられました。

そんな中ネットで私のブログを読んでくれた結果、自分に必要なものはこれだと確信してくれたそうです。

レッスン前のKさんの状態

当塾では、氣の使い方の癖によって、行動型と感覚(思考)型という分類をして考えています。

「行動型と感覚(思考)型」という分類
感覚や氣のエネルギーの使い方の習慣として、人は、発する方が得意か受け取る方が慣れているのかという2通りの分類が出来ます。 送信型/受信型、と呼ぶ人もいますし、エンパス/逆エンパスと表現する人もいます。 当塾では、行動型/感覚(思...

Kさんは、感覚(思考)型の中でも”超”感覚(思考)型と呼べる部類の人です。
この状態が人に知られた場合、普通の社会では「規格外」に分類されてしまうでしょう。

最初のKさんの氣の特徴としましては、あまりにも第6チャクラが中心で、常にレッドゾーンギリギリの域で稼働していたという事です。

具体的にどういう事かと言うと、Kさんの場合、共感覚(※1)と言われる感覚が、より感受性を高めてしまっています。

※1共感覚とは、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感が1つの刺激に対し、同時に反応する感覚を言います。例)音が見える、触感に味がある等。

それによって、

  • 人の声を聞いただけで、相手の氣持ちや本質が見えるという読心術
  • 音楽等の芸術を、発信者の感覚で感じ取れ、波長が合うとその人の過去が見える
  • パワーストーンの状態が解り、中に封印されたものがある場合、その声が聞こえる
  • 飼っているペットの氣持ちが脳内に流れてくるので深く意思疎通が出来る

という、特技のようなものをすでに持っておられました。

特に人の声には敏感で、人の声のエネルギーと、核になる本質の方向性が見え発言の意図が解る。そして、見えるものによっては頭痛で寝込んだり吐く事も度々あったそうです。

通常は氣力が少ない状態で、これだけの感受性があると非常に危険です。

Kさんの場合は

  • 超感覚(思考)型の為に感が冴えていて、危険領域に陥る前にストップをかけていた
  • 上からの意思を受け取っていたので、見えない世界の法則的な物をある程度理解していた
  • 上の意思を自覚して受け取れる人には、上から仕事を頼まれる事がありますが、
    Kさんは真面目にその役割をこなしていたので強い加護があった(※2

という点で、なんとか無事に今までを過ごされてきたようです。
無事に、と言いましてもやはり私から見れば本当にレッドゾーンギリギリです。

 

「氣」や「チャクラ」に関して正確な知識や体験を得る機会がなかった方にとっては意外な事かもしれませんが、Kさんのような所謂サイキック的な力は、どちらかといえば才能よりも、正しい努力や技術で得られるものです。

正しい手順で第6チャクラを開発したり、当塾での「共感力錬成」を繰り返し行っていけば、元々の感覚には関係なく、レッスン前のKさん以上の感性は普通に手に入ります。
(人の能力は霊性だけではないので、何の力が優先して強化されるか、いつ霊性が強くなるかは人によって変わります)

私は行動型で、どちらかというと感覚的な事は得意ではありませんでした。
ですが、今では氣が分からない人に分かる方法をお伝え出来るようになっています。

※2)「私は人を救う役割を持った特別な人間だ」という考えは、自己中心的なものなので上は役割を与えませんし意思も伝えません。うぬぼれ的な氣持ちが出ると受け取り能力が著しく落ちます。それでも何かを感じた場合は上ではない別の何かを疑ったほうが良いでしょう。
仕事の依頼方法も内容も地味で面倒なものが多く、決してドラマチックではありません、

レッスンを始めるにあたって氣をつけた事

正しく開発を進めれば第6チャクラが全開でも平氣なのに、Kさんを始めとして、この場所が危険で不安定な状態になっている人がいるのには明確な理由があります。

  • 氣の循環が確保されていないので、氣が頭部に溜まっている事
  • 第6チャクラより下の第2~5チャクラが開発されておらず。下支えが出来ていない事
  • 氣力があまりにも少なく発生させる術を知らないにも拘わらず、第6チャクラで大量の氣力を消費している事

この点が改善されれば、安全な状態でより強く第6チャクラを使えます。そしてそれがKさんが日常生活で共感覚に苦しめられずに済むトレーニングにもなります。

 

レッスン時には、カウンセリングも念入りに行い、時間をかけて、生徒さんの状態を確認、把握するようにしています。

Kさんの場合、これまでにつちかった知識と情報量がとてつもなく、その人並み外れた感覚と、莫大な情報量をたよりに日常生活を送るという普通の人では考えられない状態でした。

ですので、レッスン時には、情報と答えを結びつけ、知識に変換して整理する作業を徹底しました。こうする事で感覚(思考)型の人に多くみられる「情報で頭がパンパンになって苦しい」という状態が改善されていきます。

この作業によって、Kさんの頭の中であふれかえったものが段々整理されてきています。

チャクラ加工・氣力強化プログラム

Kさんが元氣楽塾で受けられているプログラムです。

チャクラについてはこちらの記事を参考にしてください。

チャクラの位置と役割
チャクラの概念は、それぞれの流派や団体、思想、宗教、地域、国によって考え方、とらえ方は様々です。 ここでは私がチャクラを開発している実践での解釈を、解説していきます。 チャクラとは チャクラとは、古代イ...

現在Kさんは、第5チャクラの中盤まで加工が進んでいます。チャクラの加工・氣力の強化がどのように進んでいったのか書いていきます。

第2チャクラ

まずは、感覚に頼る日常生活を少しずつ減らす事を第一にスタートしました。それと同時に第2チャクラを念入りに育てる事にしました。

その理由は、もともと感覚優位のKさんの、作った氣力を全部第6チャクラが持って行ってしまうという癖を見越しての事でした。

自力での氣力生産量と使用量のバランスが取れない状態がこれから先もずっと続くと予想できます。その状態を最小限におさえ、しっかりとした下支え作るためのプランです。

予想通り、氣力の成長とともに第6チャクラに流れる氣の量は増える一方でした。
「感覚に頼り過ぎないように」と言っても仕事の時や、集中する作業をする時にはどうしても使ってしまいます。

これまで氣力を生産することができなかった状態よりも、第6チャクラの使い勝手が良くなってきました。こうなるのも当然と言えば当然で、注意したのはそこの使い過ぎで暴走しないようにする事でした。
同時に、第6チャクラ頼りにならない感覚の使い方も指導しました。

例えばチャクラからの氣の出方ですが、Kさんは第2チャクラから出る氣の様子を第6(第三の目)で「見て」判断していました。

そうではなく、手で氣を感じ取って、風が出ているとかピリピリするという判断方法を説明すると

「的確に自分の感覚の足りない部分を指摘してもらったのは初めてです」と、とても喜んでおられました。

第3チャクラ

これまでは、氣力不足が当たり前の日常を送られていたKさんですが、第2チャクラの終盤から第3チャクラを加工中は、これまでに経験したことの無いパワー溢れる時期を迎えます。

そして、行動を起こす前に毎回頭の中に2択の選択肢がでてきて、これまでの自分がとってきた行動パターンの選択肢Aと、その全く逆の選択肢Bが現れたそうです。

例えば、職場で新しい仕事を頼まれた時に

A:念入りに資料を集め、シミュレーションする
B:とりあえず行き当たりばったりでやってみる

といった感じに脳内にゲームの選択画面のようなものが出てきたそうです。

「これはBを選べという事か?」と思われたそうで、勇氣を持ってそちらを選び続けてみた所、思いの外良い結果の連続だったそうです。

この時起こった出来事は、これまとは違うKさんを引き出すための第3チャクラの効果でした。
又、仕事中に無言の圧力をかけられた時、それまでなら氣をきかせて応じていたそうですが、この頃は「やってほしいなら口に出して言えば?」と思って放っておいたそうです。

「どちらが楽で仕事がスムーズに進みましたか?」 と質問すると、

「今の方がずっとずっと楽で仕事もやりやすいです」 との事でしたので、これからはそちらのKさんを選んでお仕事を進めていくほうが良いという事をお伝えしました。

 

第3チャクラの開発が進んで行くと、自分の色々な面が引き出されていきます。その中で自分が生きやすい面を選べる「選択肢」も「心の強さ」も出てくるようになってきます。

この頃からほんの少しですが、第6チャクラと第7チャクラの連携が始まり出しました。
Kさんはやはりこの2つを中心に使っていくという方向性が改めて確信出来たので、下支えのチャクラをしっかり育てていかなければいけないとさらに認識を強めました。

第4チャクラ


ここからKさんにとって、とても辛い時期が始まります。

感受性が強いあまり、「こんな思いをするならいらない」と幼い時に自分の意思で第4チャクラをしっかり閉じてしまったそうで、その分詰まりも多く抱えて過ごされてきました。

そんな状態なので、ここが開けば楽になるのかと思う一方、開発が怖いとも思われていたようです。

いざ開発に突入すると、過去の問題より、現実に起こる物事が本人にとってあまりにも辛いもので、それをどうにかする事の方が大変でした。

Kさんを鍛える意味でも、苦手とする現実を闘うことに頑張ってもらう事が必要だったので、レッスンでは悩みの相談に乗り、施術で氣の状態を整えたり、第4チャクラの詰まりの掃除を念入りに行なうなどの補助を徹底しました。

胸の詰まりは物理的な物なので、高圧洗浄機のように氣を流し込んで取り除けます。胸の詰まりがなくなってきたKさんは呼吸も深くなり、姿勢も良くなる等目に見えて明らかな変化が出てきました。

第5チャクラ

第5チャクラ加工、開発へ進んでも、第4チャクラの時と同様にしんどい時期が継続中でした。

第5チャクラに入って、2回目のレッスンの時に、これまでで一番キツイ時期を迎えます。

第2・3チャクラ加工時に氣力みなぎる体験をされているので余計に、氣力の感じない状態に相当苦しんでおられました。

通常なら第4~5チャクラまで進めば、氣力を使いすぎて不足するという状態はなくなってきます。Kさんの場合、作った氣力が第6だけではなく第7までも、持っていってしまうために起こっていた氣力不足でした。

ですが、その時を境にこれまで続いた苦しい時期を抜け出す事が出来ました。

この苦しい時期は、Kさんの課題であり飛躍の為の我慢の時期だと認識していたので、Kさんにもそのようにお伝えし、乗り越えていけるように声をおかけしていました。

乗り越えた後の変化を質問すると、グラウンディング力が増した事、氣力の無駄遣いをしないように氣を付けられるようになった事、上からのお知らせを聞く感度が上がり、受け取る手段も増えた事を言われていました。

そして、時間の長さも含めて自分には必要な課題だったと実感できたそうです。

 

あともう少しで、Kさんの得意とする第6チャクラの加工、開発が始まります。正直、今からどんな変化を見せてくれるのか非常に楽しみです。

まとめ

これまでのKさんは、氣力がない中で上からのお知らせを聞いたり、やり取りを繰り返していました。これは、Kさんの氣力的観点から見れば、すごく無理な状態で、健全とは言い難いものです。

しかし、氣力が強化され、器も大きくなった時、安定して本来の能力が発揮されます。

能力のレベルが上がっても自分の力を過信しない様にしっかりと自分自身を管理(マネジメント)して欲しいと願っていますし、Kさんならそれが出来ると思っています。

コメント