スピリチュアル的なヒーリングの長所と短所は?片頭痛の原因も解説します

不思議な話

関西氣塾・廣瀬教室の廣瀬です。

スピリチュアル的なヒーリングやエナジーワークを体験された後に、氣塾の門を叩かれた生徒さんも多くいらしゃいます。

その理由は、大きく2つに分かれています。

1つ目は、あまり効果を感じなかったので、氣塾の効果を期待してきてくれた人。これはパワー派の人に多いパターンです。

2つ目は、エナジーワークで受けた影響で不調になり、氣塾に助けを求めてきてくれた人です。これは感覚派の人に多い傾向です。

パワー派・感覚派については、下の記事を参照にしてください。

「パワー派と感覚派」という考え方
関西氣塾・廣瀬教室の廣瀬です。 パワーと感覚の両方持つ事を、氣塾では目標の1つと考えています。 始めは誰でもどちらかに偏っていたり、安定した力は発揮できないものです。 パワー+感覚を安定して発揮出来る状態を山の頂上...

簡単に説明すると、パワー派は気力というエネルギーを「行動」で消費する人で、感覚派は気力を「考え・感じる」事で消費する傾向の強い人を指します

今回の記事では、氣の観点から見たスピリチュアル的なヒーリングやエナジーワークの良い部分と悪い部分、氣の偏りについて書いていきます。

スピリチュアル的なヒーリングの長所

ここで書くスピリチュアル的なワークは、真言=マントラを使用してエネルギーを降ろして使うものです。

一番の長所は、短期間に習得出来てそれなりの効果がきちんとあるという所です。

この間、生徒さんに頭のマッサージ的なヒーリングをしてもらいましたが、中々気持ち良くてウトウトしていました。これが1日で習得出来るのなら悪くはないという感じです。

マントラで降ろすエネルギーはサラサラとして無機質なので、癒しに向いているものです。

スピリチュアル的なヒーリングの短所

氣の観点から見ると、やはり短所の方が多くなります。(もし長所の方が多いと感じるなら私がエナジーワークをやっているはずです)

マントラ頼りで本人の成長によるエネルギーではないという事も短所なのでしょう。ですが、これはそういう道具として見ればいいのかとも思うので、あまり気にはしていません。

ここでは、生徒さんの体験や、その時の氣の状態をふまえて注意した方が良いと思う点を書いていきます。

施術者が弱すぎる

施術そのものについては、気力や体力は消耗しないようです。ですが、お客さんと会話したりには気力を使います。

施術する側は、お客さんに良くなってもらいたい、癒したいという気持ちで接するわけですが、それによりお客さんにエネルギーを持っていかれたり、逆にストレス等の良くない氣を貰ってしまいます。

氣塾では、人を救いたいならばまずあなたが強くあれ、そうでなければ助けられない。という考えが根本にあります。強くなることで、楽に余裕をもって助ける事が出来るようになります。

生徒の不調を管理出来ない指導者の存在

先ほど書いた、頭のマッサージ的なエナジーワークを習得した、その生徒さんはかなりの感覚派です。そのマッサージは6番チャクラにダイレクトに施術をするようなものです。

6番チャクラは、1~5番チャクラまでをしっかり使えるようにした上で稼働させないと危険な状態になります。

通常の人ならば、マントラでのサラサラした微弱な氣が流れる程度なら、それほど問題はないのでしょう。ですが、6番優勢な人があのような施術を受け続けるのはやはり危険です。そして、指導者に不調を相談しても解決する事はなかったそうです。

その生徒さんも、氣塾での2番チャクラの開発の段階で不調は直り、今も元気に行を進めておられます。

エナジーワークなのにエナジーを感じられない人がいる

パワー派で、感覚への体感が薄い人にとっては、エナジーワークでの力や効果が感じにくいもののようです。

感覚を感じるために気力は必要です。感覚派の人ならば、気力を短期間に一気に6番チャクラに集中させる方法を知っています。これは氣のバランスから見ると良くない状態ですが、とりあえず感覚は解ります。

得意でない人が感覚を理解するためには、普通に6番チャクラを稼働させなければいけません。それだけの気力を発生させる術は通常は持ちえません。

なので、最後まで分からないまま終わってしまう人も多いようです。

スピリチュアルと片頭痛

スピリチュアル方面の人は、6・7番チャクラを中心に意識したり使おうとされています。

そうなると、氣がどうしても頭部に集中してしまいます。氣が集中すると、その部分に圧がかかり、痛みが発生してしまいます。それがスピリチュアル的な片頭痛の原因です。

氣の循環が出来ていないと、溜まった氣が抜けずにそのような状態が続きます。

上のイラストは氣の循環図です。

まず、気脈の詰まりの除去と7番チャクラの蓋を開けて、氣の通り道、抜け道を確保します。気脈の詰まりを取りのぞいて氣の流れをスムーズにし、7番チャクラの蓋を開け氣の循環の道筋を確保します。そうする事で、不必要な内圧をかける事なく適度な圧力をキープ出来ます。

 

頭痛がしないまでも、意味のない妄想が浮かんだり、同じことをグルグルと考えたり、ぼーっとして何にも集中出来ないような状態になってしまいがちです。

これは、グラウンディングが出来ていない、地に足が付いていない状態によるものです。

 

そのような状態で悩んでいる方は、上の記事を読んで、氣を下部に降ろしてください。そうする事で、氣が頭に溜まる事での不調は和らいでいきます。

まとめ

スピリチュアルなヒーリング、エナジーワークは手軽に実践出来ます。なので、道具として持っていて、時折使う分には便利なものだと思っています。

そのそうなエネルギーは繊細でサラサラとして、弱った人への癒しとして好まれます。

それはまるで、体の調子が悪い時に食べる、消化の良いものをトッピングした、あっさりとしたお粥のようなものです。

それに対し、しっかりと練られた人由来の氣は、ご飯と栄養たっぷりなおかずがついた食事です。体調が悪い時には避けたいものかもしれません。

ですが、体の調子が良い時にもお粥しか食べなければ、いつまでも強くなれません。体力と精神力が育たない状態です。

もしあなたが変化を望むのなら、同じところをただうろついているような状況を打破したいなら、気力を強くすることを検討してみませんか?

 


 

 

関西氣塾のメニューや料金についてはこちら。

レッスン・施術メニュー・料金のご案内
チャクラ加工、気力強化プログラム 通常のレッスンです。 古式マスターヨーガの技法を使ってチャクラの加工を行い気力を強くしていきます。 所要時間と料金 お試し体験レッスン 1回45分:3000円 通常レ...

 

氣塾について詳しく解説しています。

氣塾とは何か?関西氣塾・廣瀬教室
関西氣塾・廣瀬教室の廣瀬です。 大阪で氣塾教室を開いています。 氣にたずさわる、氣に特化したヨーガや気功に伝わる呼吸法を教えているのが氣塾です。 ちまたにあふれる、ヨガ教室や気功教室とは少し違った教室です。 これ...

 

ご質問・お問い合わせ・お申し込みはこちらからどうぞ

 

関西氣塾・廣瀬教室

大阪氣塾教室:大阪府大阪市中央区宗右衛門町7-17-5F

電話番号 :090-5461-8218

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント