エンパスの対策は間違い?押し付けられたエンパスの価値観

エンパス・HSP
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

当塾では、氣の使い方について、行動型と感覚(思考)型という2つに分けて考えています。

「行動型と感覚(思考)型」という分類
感覚や氣のエネルギーの使い方の習慣として、人は、発する方が得意か受け取る方が慣れているのかという2通りの分類が出来ます。 送信型/受信型、と呼ぶ人もいますし、エンパス/逆エンパスと表現する人もいます。 当塾では、行動型/感覚(思...

感覚(思考)型が、エンパスと言われている人に当てはまります。

今回の記事では、間違ったエンパスの対策について書いていきます。

エンパスとは?

HSPと言われている人の中で、特に直感や第6感が強い人を指します。

HSPとは、ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly sensitive person)の略で、さまざまな刺激に過剰に反応してしまう気質を持つ人の事です。

他の人に比べ、日常生活に生きづらさを感じる人が多く、疲れやすい悩みも抱えています。

エンパスは共感能力を持つ人を指すので、相手の氣をそのまま貰ってしまいがちです。

人の気持ちが分かり過ぎるHSP・エンパスが楽になる方法
人の氣持ちが分からない悩みもあれば、逆に、分かり過ぎる悩みもあります。 読心術が使えるとかうらやましいと思わがちですが、人知れない苦労があります。 このような人は、分かりたくない事まで知ってしまうので辛い思いをしています。他の感...

エンパスの対策を間違う理由

エンパスではない人が、エンパスと勘違いをして対策をするからです。

エンパスではない別の症状で苦しんでいるのに、エンパス用の対策をしても上手くはいきません。

ですが私やスタッフの経験上では、エンパスと悩んでいる人の半分以上が、エンパスではありません。どちらかといえば真逆の症状です。

エンパスと似た症状が出る「逆エンパス」

エンパスは、感覚型、受信型とも言い換えられます。逆エンパスは行動型、送信型と言えます。

エンパス・逆エンパスの違いは気の使い方です
エンパス(感覚型・受信型)と逆エンパスは、反対の氣質です。 にもかかわらず、辛いと感じる症状が似ているために、自分のタイプを違って認識している人が多くいらっしゃいます。 今回の記事は、エンパス・逆エンパスの氣の違いについて書いて...

エンパス・逆エンパスの辛さの共通点として、

  • 人と会うと疲れやすい
  • 人混みが辛い
  • 人の氣持ちに敏感
  • 人から貰いやすいと感じる
  • 人付き合いに疲れすぎて鬱状態になる事もある

といったものがあります。これだけ共通していれば、勘違いをしてしまっても仕方がありません。

エンパスと逆エンパスの一番の違いは、相手の氣持ち等の受け取り方です。

エンパスは、共感として相手の感覚がそのまま入ってきます。逆エンパスの場合は、感情移入として、相手の氣持ちを受取りにいきます。(受け取りにいくのが癖になっているので無自覚な場合も多いようです)

なので、辛い人が傍にいた場合、

エンパスなら、辛い、悲しい、と相手そのものの氣持ちになります。
逆エンパスなら、「辛いんだね」「励ましてあげたい」といった感想になります。

エンパスの共感能力への理解ー共感と感情移入の違いとは?
共感と感情移入は、似ているようで全く違います。 そして、共感といわれる物の中には感情移入が含まれてる場合もあります。 この2つを区別する事で、今まで良く解らなかった、氣や心の動きや反応の理由が見えてくる事があります。 今回...

エンパスと逆エンパスの割合は?

エンパスの元になる受信型という質、逆エンパスの元となる送信型の質、の割合で見ると、

受信型(エンパス)3割 : 送信型(逆エンパス)7割

ぐらいです。圧倒的に、送信型(逆エンパス)の方が多いのが実際の所です。

そして、当塾に来られた人でも、エンパスではなく逆エンパスだったという例は多くあります。どちらかと言えばその方が多いくらいです。

逆エンパスをエンパスと勘違いする理由

エンパスの価値観を押し付けられたからです。

あまり出しゃばらない方が良い、周囲に氣を配れる方が良い、譲るのが良い、といった価値観があります。勿論周囲を押しのけてまで我先にと動くのは良くありませんが、自分の氣持ちを押し殺してまで譲る必要はありません。

逆エンパス/送信型といえば、団体の中で元氣で活発な1割程度という認識が一般的だと思われます。(ちびまる子ちゃんならば、大野君や杉山君、前田さんあたりのイメージです)そして、それ以外の人は自ら発信をしない受信型だという認識ではないでしょうか?

ですが、共感力が高い2~3割を除いて、多くの人が送信型というのが現状です。

多くの人は、自分の話を誰かに聞いてもらいたいと願います。出来るならば強く共感してもらい、承認欲求を満たして欲しいと思っています。氣を利かしてもらい、氣持ち良く過ごしたいとも願います。

生涯の伴侶を選ぶ理由として、「自分の話をよく聞いてくれるから」「優しいから」「氣が利くから」というものが珍しくないくらい、受信型は需要があります。

そして、自分の周りの人が受信型である事を期待して、その価値観を(無意識にでしょうが)押し付けてくる人がいます。

普段の付き合いで、氣を利かす事、話をしっかり聞く事、氣持ちを理解する事、等です。それを当然のように要求されると、そうしないといけないように感じてしまいます。

受信型(エンパス)の役割を押し付けられやすい人

  • 大人しい
  • 敏感
  • 優しい

といった人が、氣を利かせたり、話の聞き役になったり等、人を優先させる事を求められがちです。そして、それを求めた側は、期待通りに氣を利かせてもらえないと不満がります。

そして、受信型の役割を求められた送信型の人が、自分は頑張って氣を使っているのに人と上手くいかないと悩む原因になっています

送信型の人でも、感情移入が得意ならば良いのですが、理解そのものを苦手とする人も珍しくありません。そして送信型は、人に合わせて自分のエネルギーを抑えると、ストレスが溜まります。何故ならば、外にエネルギーを放出する事でバランスを取っているからです。

送信型・受信型というのは、氣のエネルギーを発信するのか受け取るのかという違いです。敏感だとか優しいとは関係のない概念です。

受信型でも活発な人がいるように、送信型でも口数の少ない大人しい人もいます。

受信/共感が得意ではないのに、周囲から受信型である事を求められ、自身でも自分はエンパスと思いながら、人間関係に悩む人は多くいます。

そして、エンパス用の対策をしてしまい、いつまでも辛いままの状態で居続けてしまう事があります。

逆エンパスが、この先生きのこるには?

(この先生(せんせい)きのこるネタをやってみました)

エンパスの方が少なく需要が多いならば、逆エンパスがこの先、生き残るにはどうすれば良いでしょうか?

それは、氣のエネルギーを綺麗で健全にする事です。良いエネルギーは、誰もが受け取りたいと思います。良いエネルギーが湧き出る人間パワースポット的な存在になるのが、送信型の人にお勧めな氣の発し方です。

そうなる事で、自分が幸せでいるだけで周囲も幸せになれるという、良い循環が出来上がります。

元氣楽塾での逆エンパスの対処法

氣の循環の確保

氣の循環を確保出来ると、エネルギーが出したいのに出なくて辛い、という状態が減ってきます。悪い氣が外に排出され、つねに新鮮な氣を取り入れられるので、良い状態になります。

氣の通り道が詰まる意味や影響について
当塾では、氣の通り道の詰まりを取る事からスタートします。氣力を強くしたりチャクラを使えるようになる為に必要な事だからです。 今回の記事では、氣の通り道とは何なのか?何故詰まっているのか?等について書いていきます。 氣の通り道とは? ...

気力の強化

逆エンパスの人は、エネルギーを発信したり周囲にあげ過ぎてしまうため、氣力不足になりがちです。そして、人にエネルギーを受取ってもらえるのが喜びになるの、であげるのをやめたくないはずです。

自分が元氣で過ごせるぐらい氣力が強くなると、この悩みは解決出来ます。

気力がない・仕事や生活のやる気が出ない方へのプログラム
当塾では、特に氣力不足で悩まれている方へ向けてのレッスンをしています。 「氣力強化の基礎プログラム」 です。 今回の記事は、このメニューについてのご説明です。 氣力強化の基礎プログラムの目的 氣力がなく、仕事だけで精い...

氣のメンテナンス・チャクラの掃除

氣の質を良くしていきます。第4チャクラに溜まった悪い氣を取り除けば、心が軽くなり、わだかまりもなくなっていきます。

氣のメンテナンスで、バランスを整え調子の良い状態にします。

カウンセリング

ストレスやトラウマ等を抱えていると、逆エンパスの場合は氣をそのまま発してしまいます。

嫌な感情やストレス、トラウマ、偏った考え等を綺麗に整理して、氣の状態を良くしていくと、受け取ってくれる人が増えていきます。

氣を健全にする為に、人に話すのは有効な手段でもあります。

元氣楽塾がカウンセリングを念入りに行う理由
当塾では、レッスン時のカウンセリングに多くの時間を費やしています。 今回の記事では、氣力強化やチャクラの開発で、何故カウンセリングが必要なのかを書いていきます。 レッスン時に、施術と共にカウンセリングが重要な理由 氣を健全にする為...

まとめ

逆エンパスが対策としてやってはいけないのが、ただ何もせずに休む事です。発散したいエネルギーが溜まってくるので、心が休まりません。

人に話を聞いてもらう、軽くスポーツをしてみる、何かストレス発散になるような事をする等で、適度に排出してください。

自分がエンパス(受信型)なのか、逆エンパス(送信型)なのかを知りたい方は

当塾の自己対話セッションを受けていただくか、勉強会やメルマガ読者様限定講座の時にリクエストいただければ見る事が出来ます。

 

コメント