エンパスにとって「嫌いな人」とは?

エンパス・HSP
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

エンパスは、感受性が強く外部からの氣に敏感に反応します。感覚を受け取ってしまうのは、意外に氣力を消費するものです。

なので、氣力を強化し自力で補充できる方法をお伝えする当塾には、エンパスの人が多くおります。

そんなエンパスの人が言う「嫌いな人」について、興味深く感じたので記事にしました。

エンパスとは?

HSPと言われている人の中で、特に直感や第6感が強い人を指します。

HSPとは、ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly sensitive person)の略で、さまざまな刺激に過剰に反応してしまう気質を持つ人の事です。

他の人に比べ、日常生活に生きづらさを感じる人が多く、疲れやすい悩みも抱えています。エンパスは共感能力を持つ人を指すので、相手の氣をそのまま貰ってしまいがちです。

エンパスと言われる人の感受性の高さは、第6チャクラによるものがほとんどです。氣力が足りないのに、多くの氣を消費する上部のチャクラに持っていかれるために元氣になれません。

人の気持ちが分かり過ぎるHSP・エンパスが楽になる方法
人の氣持ちが分からない悩みもあれば、逆に、分かり過ぎる悩みもあります。 読心術が使えるとかうらやましいと思わがちですが、人知れない苦労があります。 このような人は、分かりたくない事まで知ってしまうので辛い思いをしています。他の感...

エンパスにとって苦手な人

  • 愚痴・悪口が多い
  • 一方的に話し続ける
  • 氣持ちが沈みがち
  • 頼み事が多い
  • すぐに人のせいにする
  • 氣使いを強要する
  • 要望を言わず察してもらおうとする
  • 怒りっぽい、イライラしがち

このような人を、エンパスは苦手とします。

そんな人はエンパスでなくても苦手だと思われるかもしれません。たしかにそうなのですが、エンパスとそうでない人とでは、受けるダメージがやはり違います。

このような人が職場等、所属している組織にいるだけで体調が悪くなります。そのまま寝込んでしまい、出勤出来なくなって仕事を辞めざるを得ない事もめずらしくありません。

エンパスが苦手な人に対処するためには?

氣力強化

氣は強い所から弱い所に流れる性質があります。

そして、第6チャクラに持っていかれてしまっているHSPやエンパスの人は、他の人よりも氣力が弱い状態です。只でさえ感受性が強いのに、他の人の氣がこちらに流れ込んできます。氣力を強くすれば、周囲から流れ込んでくる氣はぐっと減ります。

「気力」について解説!元気・やる気だけじゃないその効果とは?
今回は当塾で、元氣で楽な人生を送っていただくために必要な「氣力」について書いていきます。 氣力とは? 氣力は氣の量 weblio辞書で「氣力」と調べると、 「困難や障害に負けずに物事をやり通す強い精神力。氣持ちの張り。氣合」と出...

 

氣の循環でバリアを張る

上のイラストは氣の循環図です。

第1チャクラ(股間)から入って体内を巡り、第7チャクラ(頭頂)から外に出ます。そして体の外から再び第1チャクラに吸収されます。

氣の循環でのバリアは、外部からのものを遮断するのではなく、氣の流れ(循環)によって細かく砕きます。それによって、外からの物が直接入ってこなくなります。良いものであっても、自分でないものが直接入って来ると疲れてしまいます。なので、氣のバリアでワンクッション置くと楽になります。

気でバリアを張る方法は?循環の確保と役割について
周囲の氣を貰いたくない時に、バリアがあると便利ですよね。 実際に、心や体の周りに結界やバリアをイメージして防御する方法もあります。イメージが上手い人は、かなり効果を実感出来るようです。 この記事でご紹介するバリアは、氣で物理的に...

エンパスにとって「嫌いな人」とは?

エンパスの人が、避けたいといったような、「苦手」ではなく、嫌いと思ってしまうような人物とはどのようなものでしょうか?

ある生徒さんの話です。

特に何か嫌な事をされるわけでもなく、そこまで氣が合わないわけでもない。でも嫌い、と思ってしまう人がいました。

それが1人や2人ではなく、幾人にも及びます。

その人達の事が頭に浮かぶと、なんか嫌いと思ってイライラする事さえあったそうです。自分はどうしてこんなにも「嫌いな人」が多いのかと悩んでいました。自分は嫌な性格なのかもと氣に病んでもいたそうです。

当塾でのレッスンを続け、感覚がはっきりしてきたあたりで、何故かが分かったそうです。

ある人が、自分自身を嫌いと思った氣持ちにそのまま共感していたのがその理由でした。

たとえば、AさんがAさん自身の事が嫌いと思っていれば、その氣にそのまま共感した結果、「Aさんが嫌い」という氣持ちになるといった感じです。

つまり、エンパスが嫌いと思う人は、自分自身の事が嫌いな人、です。

自覚があればまだ大丈夫だそうですが、無自覚に自分が嫌いな人には特にそう感じるそうです。

この感じ方の癖に氣がついてからは氣が楽になられたようでした。

まとめ

出来るならば、人を嫌いになりたくはありません。

そして、「自分の事が嫌いな人」が嫌いという、この事に氣が付かなければいくらでも嫌いな人が出来てしまいます。

なので、自分の中にある感情が、自分から発生しているものなのか、外から入ってきたものなのかを注意深く観察してみる事をお勧めします。

何度か観察していけば、このような感情パターンの時は自分の物ではないな、という特徴みたいなものに氣が付けるようになります。

自分の心を感じられる第4チャクラまでの開発も、自分を見つめる役に立ちます。

 

気力がない・仕事や生活のやる気が出ない方へのプログラム
当塾では、特に氣力不足で悩まれている方へ向けてのレッスンをしています。 「氣力強化の基礎プログラム」 です。 今回の記事は、このメニューについてのご説明です。 氣力強化の基礎プログラムの目的 氣力がなく、仕事だけで精い...

氣力強化の基礎プログラムでは、第4チャクラまでの開発と元氣で楽に生活していける氣力強化を行っています。

本格的なレッスンよりもお手頃に受講できますので、是非ご検討ください。

コメント