サードアイチャクラ(第6チャクラ)を開くには?

チャクラ
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

サイキック能力が得られる、不思議な力が手に入る、という事で、非常に人氣が高いのが第6チャクラ、別名サードアイ、第三の目とも言われるこのチャクラです。

そして、開いてしまったがために問題が起こりやすく、人の一生さえも台無しにする危険をも持つ場所でもあります。

今回の記事では、当塾が第6チャクラを開き、開発する基準を書いていきます。

サードアイ覚醒!?第6チャクラの正しい使い方は?
今回は、チャクラの中でも1・2位を争う程人氣の第6チャクラです。第三の目、サードアイとも呼ばれます。中二病の世界では邪氣眼とも言われているようです。 当塾では、チャクラの個々の役割と共に、チャクラの繋がりと流れ、それによってどう変わっ...

自己対話セッション

元氣楽塾の「自己対話セッション」について
当塾では、メインレッスンの「氣力強化の基礎プログラム」(チャクラの加工は第4まで)以外にも、本格レッスンとして「チャクラ加工、氣力強化プログラム」をご用意しています。この本格レッスンでのチャクラ加工は、第7までの全てです。 第4チャク...

当塾では、第4チャクラの開発が終わった段階で、次に進むかをお互いに判断します。生徒さん側が、第4チャクラで開発を止めるという判断をされる事も普通にあります。

開発を進めていくうちに、自分の開発はここまでなんだな、この段階が一番心地よいんだなと体感される場合もよくあります。

普段は私が1人でレッスンを行っていますが、このセッションではもう1人のスタッフが参加します。

私もそのスタッフも、生徒さんの本質を見るという点では同じです。どのように開発を進めていくかの意見も一致します。

私が行動や感じる事を元に生徒さんのあるべき姿を見るのに対し、そのスタッフは、生徒さんの宿命や才能を見ながら、どうすれば上手くいくのかを判断します。

結果的には同じことを言っているのにもかかわらず、解説が全く違います。同じ事を違う視点で見ると考えも広がるので、このセッションではスタッフを中心に話を進めていきます。

先に進む人でも、今の状態のままでは危険な場合もあります。その場合はクリアするべき事や持つべき考え方をお伝えし、安全で確実に第6チャクラを使ってもらえるようになっていただきます。

第6チャクラの開発をする判断基準

第6チャクラまで進みたいと願い過ぎないか

理解していただきたいのは、第6チャクラ以降に進むのが偉い、第4・5チャクラで止まるのは劣っているからだ、というものではないという事です。

家庭で美味しい料理を作る、病院で塩分まで計算された調理をする、レストランのシェフ、家庭料理が売りのお総菜屋、ケーキ屋のパティシエ等、役割や目的の違いであって優劣の問題ではないのと同じ事です。

第4チャクラで終える場合は、そこに役割や宿命があるからです。

その役割を放棄し第6チャクラを目指すという事は、第4チャクラの大切さをしっかり理解出来ていないと考えられます。それは、第4チャクラまで上昇していないのと同じ事です。

第6チャクラに進む宿命・天意がある

これはかなり珍しいパターンですが、「この人は第6・7チャクラに進む宿命を持って当塾のレッスンに来られたな」という場合があります。

最初から分かる場合もあれば、第4チャクラ終盤あたりで天意が降りてくる事もあります。

その場合は、第4チャクラまでの基礎プログラムの方でも、次に進むかどうか声をかけさせていただいています。何故ならば、宿命に従うほうが今後の人生が楽になる場合が多いからです。(進むかどうかは本人の意志を尊重いたします)

しっかりとした目的があるかどうか

意味もなく第6チャクラへ進みたいと思うのは、話たい内容もないのに英語を学ぶのと同じような事です。英語なら学んでも安全でしょうが、第6チャクラの場合はそうではないので慎重になります。

その目的が、第6チャクラへ進んでも大丈夫なものかも見ます。極端な話ですが、ギャンブルで一山当てる勘がほしいとか、呪いで憎い奴を苦しめたい、ならば当然進むのは無理です。

ヨガの引き寄せ理論 ー 危険な現実化とは?
当塾では、チャクラの開発を行っております。 徳とカルマの理論はヨガからのものです。ヨガの理論の中心にチャクラがあります。そして、徳とカルマの法則を理解出来なければ、本質的にチャクラを使う事は難しくなります。(技術的な使用は出来ます) ...

元氣で楽になりたい、夢に向かって行動出来る氣力が欲しい、ならば第4チャクラの開発で叶います。

自己認識が正しく出来ているかどうか

第4チャクラまでならば、多少の歪があっても問題はありません。心に折り合いをつけて生きていくのもいいですし、知れば苦しむような内面を直視しなくても大丈夫です。

ですが、第5チャクラの蓋を開けた時に、その歪が第5チャクラまで上昇し増幅します。さらにそれを第6チャクラまで上昇させれば、見えない世界との関係が崩れます。

場合によっては、天に唾を吐く事に繋がります。この世的にもあの世的にもです。

なので先に進む為には、嫌な内面を直視していく必要があります。ごまかしや思い込みも解いていかなければいけません。人によっては心のバランスを崩します。そこまでして得られる価値は、第6チャクラにはありません。

自分を大切に出来るかどうか

自分が嫌いな原因は?気持ちの「虐待」していませんか?
「自分が嫌い」な理由を、自覚している方もいますが、氣が付いていない方も多いように感じます。 「自分は努力している前向きな人間だ」と、自分を評価している人の中には、努力の原動力が「自分ではない何かになりたい」という場合もあります。 ...

これが1番大切な要素です。

第6チャクラは霊的なステージです。なので、あの世の法則に従い、大いなる流れと一体になり進んでいかなければいかません。その為には、徳の法則を知り実践するのが一番の近道です。

それを叶える為には、徹底的に自分を大切に出来なければいけません。

自分を大切にするのは、人を犠牲にする事ではありません。自分のあるべき姿で生き、自分を尊重していく事です。その結果、自分と同じように他の人を尊重できます。

そして全ての人を大切にし、それが前提でどのようにすれば状況が上手く進むか考えていけます。それが徳の循環に繋がります。

全ての人が幸せになれるという世界観で生きていく、とも言い換えられます。

まとめ

当塾は、お金さえ積めば先に進める、というシステムではありません。

その人が本来あるべき幸せは何処かを最優先しています。

そしてこれは決して綺麗ごとでもありません。お金をもらって1人の人間の幸せを潰すなど、どれだけのカルマになるかを知っているからです。

天意や宿命にも繋がるチャクラの上昇を望まれる方は、当塾にご相談ください。

コメント