第2チャクラ(丹田)を強化する本当の意味は?

チャクラ
元氣楽塾の廣瀬 英樹です。

チャクラには、それぞれの役割があります。

それと同時に、第1から第7までの、合計7つのチャクラには繫がりがあり、下部から開発していくと共に、人生が開けてくるという大きな意味があります。

当塾では、チャクラの繋がりと流れ、それによってどう変わっていくか、変わっていきたいかを重要視しています。

 

第1チャクラ 精を収集する
第2チャクラ 氣(氣力)を作る        ←今ここ
第3チャクラ 氣力の使い方の基本が出来る
第4チャクラ 自分が何をしたいのか想いを知る
第5チャクラ 想いを実行するための道えらび(人生の岐路)
第6チャクラ 5で選んだ道が正しかったかの確認と、その先を探る
第7チャクラ 6で探ったものを含め全ての答えを得る

 

このように、第1から第7までで、人生の目標が達成出来るように設定されています。

チャクラの位置と役割
チャクラの概念は、それぞれの流派や団体、思想、宗教、地域、国によって考え方、とらえ方は様々です。 ここでは私がチャクラを開発している実践での解釈を、解説していきます。 チャクラとは チャクラとは、古代イ...

今回の記事では、第2チャクラについて書いていきます。

第2チャクラとは?

へその下約5~7㎝(丹田・下丹田)に位置しています。

第2チャクラの重要な役割は、第1チャクラで収集した、植物等から出ている「精」を、人間が使える「氣」に変換するという事です。

第1チャクラの役割とは?実はグラウンディングやお金ではありません
チャクラには、それぞれの役割があります。 それと同時に、第1から第7までの、合計7つのチャクラには繫がりがあり、下部から開発していくと共に、人生が開けてくるという大きな意味があります。 当塾では、チャクラの繋がりと流れ、それによ...

氣は、簡単に説明すると生命エネルギーです。そして、扱える氣の量と氣力の強さは比例します。氣の量が多い程氣力も強くなり、元氣で活動的になります。

「気力」について解説!元気・やる気だけじゃないその効果とは?
今回は当塾で、元氣で楽な人生を送っていただくために必要な「氣力」について書いていきます。 氣力とは? 氣力は氣の量 weblio辞書で「氣力」と調べると、 「困難や障害に負けずに物事をやり通す強い精神力。氣持ちの張り。氣合」と出...

さらに言うと、氣力は人にとって全ての力の元になります。体力、精神力、経済力、学力、影響力、霊能力、等、何を選択するにしても、氣力がないとその力は得られません。

チャクラが開いていたとしても、それを使えるようになる為にはかなりの氣を使います。特に、第6や第7チャクラのような上部のチャクラを安全に安定して使う為には、かなりの氣の量が必要になります。

チャクラの開発は下部から行います。開発されて行くと、氣力は各チャクラによって

第1チャクラ 精(氣の元になるもの)を収集する
第2チャクラ 氣力を作る
第3チャクラ 氣力の使い方の基礎が出来る
第4チャクラ 氣力の使い方の応用の始まり
第5チャクラ 道(人生の岐路)を選ぶ時の原動力として氣力を使う
第6チャクラ 五感のレベルアップと第六感の開発に氣力を使う
第7チャクラ 第六感が現実味を帯びてくる(氣力を使って感を冴えわたらせる)

と、このように利用されていきます。

第2チャクラは生命活動はもちろん、よりよく生きて行くための基本や土台になるものです。

 

当塾での開発は、第2チャクラから行っています。
(各チャクラの開発を行なえば、収集の役割を果たす第1チャクラは自動的に鍛えられていきます)

第2チャクラの詰まりによる弊害

第2チャクラが上手く働かない、つまり生命エネルギー不足状態なのでとにかく活動するのが怠くなります。内臓の働きも活発でなくなり、氣持ちが重い状態が続き、元氣が出せません。

つまり、第2チャクラが閉じたり詰まったりしているのは、「何も始まらない」状態とも言えます。

第2チャクラが不安定なエナジーバンパイア

人は通常、第2チャクラで氣を作って全身に循環させます。

エナジーバンパイアは、そこで自力で氣を作る事を怠り、他人が作った氣(氣力)を奪っていきます。

第2チャクラが開発されていない上に、他人から氣(氣力)を奪う方法を知っている場合、エナジーバンパイアになる危険性があります。

エナジーバンパイア対処法と自分がそうならない為の対策は?
今回はエナジーバンパイアについて書いていきます。 エナジーバンパイアとは エナジーバンパイアとは、人のエネルギーを勝手に吸い取っていく人の事です。 エナジーバンパイアから受ける被害 1.氣力が奪われる バンパイアが吸い取っているエ...

第2チャクラの役割

1.氣を発生させ、力に変える

第1チャクラで吸い上げた精(氣の元になるもの)を、人が使える「氣」に変換します。氣は生命エネルギーであり、人のあらゆる力の源でもあります。

氣は循環によって、全身に送り出されます。氣の量が多いと瞬間も強くなり、氣力に満ちた状態になります。

2.元氣になる/活動的になる

氣の量=氣の循環の強さ=氣力の強さです。

生命エネルギーである「氣」が多く体内を循環していると、元氣でやる氣に満ち、活動的になります。

「今日は○○しよう」
「明日は××に行って△△しよう」

というような感じに、自分が望んだ通りに行動が苦もなく出来るようになります。フットワークも軽く、健康的な状態も保ちやすくなります。

3.内臓の働きが活発になる

第2チャクラは「内臓のチャクラ」とも言われています。

生命エネルギーである「氣」がしっかりと全身をめぐると、内臓もその恩恵を受けられます。

又、「氣」というのは自然治癒の源でもあります。自然に治る程度の、少々の歪や不具合ならば、氣の巡りによって回復が早まる場合があります。

4.グラウンディングが出来る/腹が据わる

グラウンディングが出来る、地に足が付く、腹が据わる、というのは全てにおいての下支えです。第2チャクラで氣力が強化されるという事は、自分自身の土台をしっかりと作り上げる作業でもあります。

氣は全ての力の源であり、下支えでもあるからです。

又、しっかり発生させた氣を下部に溜めると、重心が下がり、心も体も物理的にブレなくなります。

実生活に使えるグラウンディングの効果や方法
グラウンディングとはスピリチュアル関係でよく使われる言葉です。 ですが、実際の所を理解出来ない、イマイチよくわからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 当塾では「グラウンディング出来ている」状態を通常とし、いかにそ...

5.周囲に振り回されにくくなる

第2チャクラで氣を生産し、氣が体内を巡る量が増えると氣力が強化されます。

氣力が強いと、自分をしっかりと持てます。そうなると、周りが自分より優れて見えたとしても、「それはそれ、自分は自分」という考えが持てるようになります。その上で成長を目指す向上心も身に付きます。

氣の特徴として、強い方から弱い方へ流れるという性質があります。

自分の方が氣力が強ければ、相手の氣がこちらに一方的に流れて来ることがなくなります。なので、周囲からの影響も受けにくくなってきます。

第2チャクラを開発するとどうなるか?

最初は、付き始めた氣力に慣れないので、とにかく動きすぎてしまう事があります。その結果疲れたりエネルギー不足を感じてしまう事があるようです。
それに慣れてくると、エネルギーの配分や補充をどのようなペースですればいいのかつかめてきます。

感受性が強かったり、氣を使って疲れるタイプの方なら特に、この段階で自分が別人になったかのようなパワー溢れるご自身に驚かれます。

HSPやエンパスで悩んでいる方は特に、第2チャクラをしっかり開発される事をお勧めします。

まとめ

第2チャクラは全ての土台、力の下支えであり、人の力の源です。ここがしっかりしていないと上に積み上げられませんし、先に進んでも躓いてしまいます。

そして、精を「氣」という生命エネルギーに変え、それを全身に巡らせる役割を担っています。

どのチャクラも、第2チャクラで生産する「氣」なしでは稼働出来ません。そのようなとても大切な場所なので、是非皆さんも注目してみて下さい。

コメント